スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨でも乗る

7月03日(日曜日)曇天

 T氏の主催によるサイクリングに行ってきた。キーワードは「雨でも乗る」だ。
 メンバーは、T氏、bb1氏、SOSYU氏、(BlueT氏)、yuya氏、ろくばん氏、モカ氏、そして僕。

 集合場所と時間は、防府本橋下駐車場8時30分。家からおよそ20キロ。雨模様なら車載も考えたが、空を覆う雲は薄く見るからに軽そう。降られてもたいしたことはないだろうと判断し、自走を選択。
 本日は山間部を縫うように走るコース取り。補給の準備が肝要である。大道のローソンで、カロリーメイトとゼリーを購入。空けてきた一方のボトルにアクエリアスを倍に希釈して充填しておく。
2011070301

 いつもの自転車道を走り佐波川を北上するが、今日は清掃日だったようだ。大勢の人が道の除草や河川敷のゴミ拾いに精を出していた。なんだか申し訳ない気持ちになる。作業する人の迷惑にならないよう、注意しながら徐行で通過する。

 ほぼ時間通りに到着。集合場所ではほとんどの参加者が準備を終えていた。
 Yuya 氏のTT号に興味津々のSOSYU氏。
2011070302

 左からモカ氏、yuya氏、bb1氏、SOSYU氏
 モカ氏は初めての集団走行。まだこの時点では余裕の笑みが見られる。でも、その笑顔がすぐに消えることを皆は知っている。大丈夫、誰もが通ってきた道だ。
2011070303

 BlueT氏が見送りに来てくれた。体調を崩しているとのこと。残念、次回はご一緒に。
 主催者T氏は正装の鯉のぼりスーツで現れた。やる気満々である。
2011070304

 もうひとりの参加者“ろくばん”氏の待つ徳地ローソンに向けて出発する。
2011070305

 集団は淡々と走る。徳地堀24号から376号へ。
 信号からの再スタートで、崩れた隊列を立て直そうと群れてゆく自転車おじさん達。このときの雰囲気が僕は好きだ。一緒に走る仲間との距離を考えながら自分の位置を決める。
2011070306

 ろくばん氏を飲み込み、集団は八坂のポン太を目指した。
 ここでひと休み。写真はないが、ポン太の腹は修復(手抜き?)されていた。まずは一安心である。
2011070307

 ふれあいパーク大原湖へ向けて走る。
 モカ氏はロードバイクを始めて3ヶ月ほどとのこと。やっと尻が出来てきた頃だろうか。バイクに乗り慣れてくると、その人なりの雰囲気が背中に現れてくる。威圧感というか凄味というか、そんなものだ。前を引くT氏の背中、どうだい実に味わい深いではないか。
2011070308

 Yuya氏は白装束の下にオンヨネ製の鎖帷子を装着しておられた。自ら前をはだけ、写真に撮ってくれとの猛烈アピール。肚力の効果については本人の談を待とう。
2011070309

 何度も試みたのだが、今回は後方撮影の精度が悪かった。なんとか見られるのはこの一枚だけ。ピントは甘いが、左ろくばん氏とbb1氏。
2011070310

 快調に飛ばすピタピタ隊長yuya氏。ごきげんである。
2011070311

 ポン太の父上殿&ふくらはぎにコブラを飼う男ことSOSYU氏も絶好調。このお方に限っては、調子の悪いときがあるとは考えにくい。淡々と、そして粛々とブッ飛ばす人だ。
2011070312

 ゆずりはトンネルを抜け、大原湖を臨む。交通量は極めて少ない。サイクリングロードを走っているかのような錯覚に落ちる。たまに車を見かけるとビックリしてしまう。
 ゆったりと坂を下るyuya氏とbb1氏。
2011070313

 ふれあいパーク大原湖で小休止。ここは虫が多かった。あちこち刺されて、痒いこと痒いこと。
 ちなみにブヨは環境の変化に弱く、わずかな汚染でも姿を消してしまうそうだ。彼らが生息しているということは美しい自然が残っているということらしい。すばらしいことではあるが、痒い。
2011070314

 次の目的地へ向けて、来た道を戻る。
2011070315

 489号から123号(野谷峠)への分岐点でSOSYU氏が集団を離脱。残念ながらお仕事とのこと。次回は1日腹いっぱい遊びましょう。
 みなが見送る中、SOSYU氏は躊躇することなく489号の激坂へ向かってペダルを回した。往路では迂回を選択した9%の斜度だ。ヒラリヒラリとダンシングで舞うように上ってゆく。もはや肉眼では確認できない距離だが、彼の恍惚の表情が見えるようだった。


 野谷峠 ここもなかなかに手強い。湿度が上昇しカメラのレンズが曇り始める。見にくい写真だがご容赦願う。
2011070316

 みごと登坂。前回の雪辱を晴らしたろくばん氏と、それを称えるyuya氏。ちょっと感動した。
2011070317

“モカ氏を気遣うT氏の絵”に見えるが実は――  
 古代ギリシャの南部にはスパルタという軍事都市国家が存在していたわけで(笑
2011070318

 鼻から魂が半分抜けてしまったモカ氏。
 右は汗どころか息すら弾んでいないbb1氏。彼と走るときは彼の知らない道を選ぶべきだ。さもないと間違いなく置いてきぼりを食らうことになる。
2011070319

 仁保道の駅にて。モカ氏はここで離脱。初めての集団走行は如何だっただろうか。
 正直に言うと、彼は途中で遭難するものと思っていた。T氏、SOSYU氏、yuya 氏、そのうえ伝説のbb1氏。実に凶暴なメンバー達である。彼らに混じってよく走り切れたものだ。何らかのスポーツ経験を持っているのかもしれない。それにしてもモカ氏の潜在能力はかなり高いと推察できる。
2011070320

 残った者は補給をしながら次の悪だくみを相談。Yuya氏は1人お買い物中である。このあと氏は、店にノンアルコールビールが置いてないことにおかんむりだった。
 ここでも写真に写る幟は裏側。何故だ。
2011070321

 結局は当初の計画通り桜ヶ峠を上って奈美へ向かうことになった。快調に飛ばすT氏、あくまでもスムーズに回すbb1氏。2人に続く僕の心肺はパンク寸前。ついていくのが精一杯である。
 y氏の姿が見えないが、後で聞くとどこかで脚を攣らしていたらしい。おちゃめさんである。
2011070322

 奈美にてろくばん氏が離脱。集団は4人になり、朝の集合場所へと向かう。

 最後の最後で、突如としてbb1特急が発車した。その速いこと、速いこと。乗るのが精一杯でローテーションなんてできやしない。あっという間に本橋の駐車場へ到着。本日はこれにて解散。
2011070323

 クタクタになりながら、なんとか帰宅。いやいや、なんとも疲れるLSDだった。
2011070324


 シャワーを浴びてビールを飲む。足りなくて、もうひと缶やる。
 横になると動けなくなるので、気合いで畔の草刈りをはじめる。

 風が涼しくなるころ、なんとか草をやっつけた。また汗びっしょり。
 シャワーを浴びて、冷蔵庫を開けると美味そうなビールが―― 以下省略

 事故なし、ケガなし(実は、道の駅仁保で立ちゴケした)、パンクなしで大満足の1日だった。




 本日のデータ(赤潮サイコン)

 走行距離  110.9㎞
 走行時間  4時間23分
 アベレージ 25.3㎞/h
 最高速度  57.2㎞/h



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

まあお約束ですね.
容赦ないし.

No title

お疲れ様でした!!
久しぶりに脚が攣りました・・・(笑)

No title

>BlueTさん
今回はなかなか濃いメンバーでした。このうえ某従兄弟殿でもおられた日には、遭難者が出たかもしれません。
腹の調子はいかがですか? 次の機会にはご一緒させてください。

No title

>yuyaさん
攣りましたか。TTバイクで女子乗りをしなかったからでは?
いやいや、もしかしたら例の鎖帷子の呪、又は大原湖の―― ふふふっ

No title

お疲れ様です。
僕も参加したかったなぁ~
実はメールをいただいた後にぎっくり腰になってしまいDNSとなってしましました(爆)
また宜しくお願いします。

No title

今日もお世話になりました。
おなかいっぱいで楽しかったですね。
朝からお尻の位置を意識してみたんですが、野谷も足つきなしで上れたし、最後まで調子良かったです。
数センチの差の大きさを感じた1日でした。

No title

疲れましたー。大変お世話になりました。
仁保のあと、さらに峠?にいったらしいですね。んー、僕には無理!!
また、今度、ぜひ遊んで下さい。

No title

>マロンパパさん
ぎっくり腰ですか。それはたいへんでしたね。たしかマロンさんの目標の1つはブルベ600でしたよね。しっかり治して鋼の腰に鍛えておかないと。
みなで走るときは、また連絡します。


>ろくばんさん
再始動の頃に比べると、明らかに坂への苦手意識が薄くなっている感じですね。いやいや、苦手というより坂が面白くなりはじめている感じかも。上っているうちにコツが分かってきてペースも上がると思います。これからもガンガンいきましょう。


>モカさん
あれだけ走って脚や膝に痛みが出なかったとのこと。たぶん強い足腰をお持ちなのでしょう、羨ましいです。僕が始めてスポーツ自転車に乗ったときは、20キロで尻が剥けて膝も痛くなりました。100キロ超を痛みなしに走れるようになったのは、つい最近です。
自転車は走った分だけ速く強くなるそうです。また遊んでください。

No title

お疲れ様でした.最後まで走りたかったのですが残念でした.でも、充分楽しめました.次回は、野谷、松柄、荷卸、桜ヶなんて峠巡りも良いかもと思いました.

No title

>SOSYUさん
当日は色々と忙しかったと聞きます。タフですね。ビックリです。
今回はホントに疲れました。ついさっき、やっと写真に文章を振り終えました。

峠ツアーですか。面白そうではありますが、身体がもつかどうか――
朝の往路、奈美の桜ヶ入り口でTさんに何か話していたでしょ? まさか登る気だったのではないでしょうね。怖いお人だ(笑

No title

皆さんタフですね。
シャワーを浴びた後のビールはさぞかし美味かったことでしょう。

No title

>fuk@さん
タフというかウマシカというか――
とは言え、サイクリングが1日ずれていたら、このアホ集団に追いつく夜勤明けのアホ親分が居たわけで(笑
今回は残念でしたが、タイミングが合えば一緒に走りましょう。バイクのことや、ペダリングのことなど色々と教えてください。

ビール、五臓六腑に染み渡りました。たぶん今回も、消費したより多くのカロリーを摂取しました。だって美味いんですもの。

No title

お別れした後、クルマでセブンに直行。
ノンアルコールをぐいぐい(笑)
楽しかったですね
またやりましょう!!

暑気払いin湯田も・・・

No title

こんばんわ。
疲れるLSDお疲れさまでした(笑)
赤潮さんの上手な文面に思わず笑ってしまいます♪
確かにモカさんは魂が抜けてますね!エエ絵です(笑)

No title

>yuyaさん
やはりノンアルコールをグイグイいかれましたか。人間、欲望に逆らってはダメです。当日の装束から推察すると、サントリーの白いやつでしょうか?
湯田での暑気払い。是非やりましょう。泰人(たいんちゅ)の座敷を予約しましょうかね。まずは日程ですね。近いうちに組長を焚きつけてみましょう(笑


>のうくれ坊主さん
心拍計は使っていませんが、一日を通してハアハアゼーゼーしていたように覚えます。
僕の知っているLSDと、世間で言うところのLSDとは違うものなのでしょうか? それとも僕の心肺が人並み外れて軟弱なのでしょうか(笑
あれほど無茶な走りをしても、モカ氏は脚も膝も平気なようでした。かなりの潜在能力がありそうです。大化けするかもしれません。つぶすなら早いうちが吉かと(笑

No title

正直なところ、もう少し峠コースが入ってよかったかなと思いました。。
LSD。。。大嘘(笑)
次はもう一ひねりしたコース選定をしようかと。。

いやいや、角島でしたね。。

No title

楽しいLSDだったようで。。。7割程度でこの走りならMAXでは飛んでいきますね(凄)
一番羨ましく思ったのは帰宅後のBeerです。草刈は遠慮しときますがw

No title

>Tさん
峠のおかわりですか。頑張っても、あと御飯茶碗半分くらいが精一杯です。
無理に食べるとリバースもしくはお腹を壊してしまいそう(笑
ポタリングとか、チンタラチンタラとか、LSDとか。”決算大安売り”や”出血大サービス”なんかと同じ単なる煽り文句ですよ。嘘なのはみんな承知の上。本当にLSDをやったら、かえってブーイングが起きます。
次は角島ですか? 最強の従兄弟殿もそろそろ復活される頃ですね。

No title

何故か名前が赤潮さんになってました。
マロンパパさんの所で気づいたのですが???

No title

>23:11の赤潮さん
メンバーにも天候にも恵まれ、楽しいサイクリングでした。
どこかに7割なんて書きましたっけ? 当日はクタクタになるまで遊びました。まだハムやケツに筋肉痛が残っております。

草刈りはシンドイです。でもやらんと畦がイノシシの出そうな林と化しますので。
農作業の後のビールも、なかなか美味いですよ。

No title

>おやじぃさん
23:11の赤潮氏は、おやじぃさんでしたか。安心しました。
てっきり内なる僕が無意識のうちに書き込んでしまったのかと(笑
ボケでなくてよかった(ドキドキ
プロフィール

オカヒロ

Author:オカヒロ
使い分けるのが面倒になってきたので、これからは本名でいこうと思う。調べてみたところ、非常に世帯数の少ない姓のようである。そのまま漢字で書いてしまうのもあれだから、カタカナにしておく。

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。