スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リーガルe

4月27日
 新しいサドルを買った。サンマルコのリーガルeである。
2011042801

 これまでは、同じサンマルコのアスピデを愛用していた。バイクに乗り始めてすぐにフカフカの標準サドルから変更した。その暴力的な堅さに尻は悲鳴をあげたが、微調整を重ねるうち次第に馴れ、いつしか存在を忘れる瞬間もあるほど快適な相棒となっていた。そのアスピデが突然、牙をむいた。
 着座位置が変わったのか、尻の形が変わったのか、はたまたアスピデがへたったのか。原因は分からないが尻に痛みを覚えるようになったのだ。事態は予想外の早さで深刻さを増した。100㎞超から50㎞超ついには20㎞も走らぬうちにと、痛みの出る距離は走る毎に縮まってゆく。蜜月は終わったのだ。
 バイク乗りの多くは自らの尻に合う鞍を求めて荒野を彷徨う、と聞く。地図はない。己の勘を信じて偶然の出会いを待つ。考えてみれば不毛な旅である。しかし立ち止まっているわけにはいかない。出かけることにしよう。

4月28日
 換装後、さっそく通勤で使用してみた。そのインプレをここに記しておく。往復40㎞という短い距離からの検証である。まだまだ評価には値しないが、迷宮の奥底に沈む誰かへ、わずかな灯でも届けられれば幸いである。

 なお、前提条件等は次のとおりである。

①アスピデによって引き起こされる痛みの箇所と種類は、座骨から下肢へ向かって指2~3本分の左右内腿(踏み込んだときサドルの肩に沿う部位)に発生する圧迫感を伴った鈍痛である。

②僕の尻は、ほっぺが非常に弱い。特に座骨周辺がデリケートで、パッドのシワひとつで容易に一皮むける。

③ほっぺの軟弱さに相反し、尿道は鋼の耐久性を備えている。痛みはもとより、いまだかつて痺れたことすらなし。

④巡航時のケイデンスは85~95程度を常用。どんなに回しても120を超えることは稀。

⑤骨盤は起こすでもなく寝かすでもなくナチュラルを心がけている。どちらかというとサドルの後方に座るのが好きである。
2011042802

では、サンマルコリーガルeの赤潮的インプレッション。

1)価 格
 安くはない。しかし、幸せになるためにある程度の投資は必要である。ナフコへ行けばこのサドル代でママ車が楽々買える、などと考えてはいけない。

2)ルックス
 良く言えば伝統的、悪く言えば野暮ったい。好き嫌いの分かれるところだろう。僕は――、嫌いではないことにしておく。座ってしまえば見えない。
 同価格でレーシングチームバージョンやレッドエディションといった派手なカラーリングのものも準備されている。こちらはなかなか精悍な雰囲気を帯びているので、最新のカーボンフレームにも似合うと思う。

3)使用感(前サドルとの比較)
①リーガルeは、横から見て座面のくぼんだタイプである。通常走行で座骨を置く箇所を水平にすると、少し前上がりになる。アスピデも同様だったので、セッティングに違和感はない。鋼の尿道に感謝。
 「厚い」という印象を持っていたが、やぐらに据えるとアスピデと大差なし。シートポストの調整もほとんど必要ないレベル。
 アスピデと同じセッティングで走ってみたところ、すこし窮屈に感じた。サドルを3ミリほど後退させるとすこぶる快適になった。

②尻をソフトに受け止める座り心地である。アスピデは上から尻を載せている感じが終始していたが、リーガルeは下から支えられている感覚がある。

③座るポイントはアスピデと同様に分かりやすい。少し後ろ気味にどっかりと腰をおろしても安心できる。アスピデは尻にその薄さが伝わってくるが、リーガルeは「かたまり」を感じる。

④カタログ上はかなりの横幅がある。しかし、ペダリングの際にどこかが擦れるということはない。肩をカマボコ状に丸く落としてあるため会陰部へのストレスを心配したが、必要以上に突き刺さる感じもない。

⑤トルクをかけたときのイケイケ感は、サドル自体がしなるアスピデにはやはり及ばない。

注)写真の角度だと極端な前上がりに見えるが、実際のサドルはもう少し水平に近い。
2011042803

4)所 感
 今のところサドルを替えるきっかけとなった痛みは出ていない。素直に良いサドルを手に入れたと思う。とは言え、このリーガルeで国東に臨むかどうかは悩みどころである。通勤という短い距離では表面化しない問題も起こり得るからだ。尻が痛いのは辛い。

 一本、長いのを走ってからが無難かもしれない――



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

この前シチリアの湯でちらとお見かけしましたけど,皮がむけてましたね.()嘘

尻の皮が見えるほど見ていません.

No title

深く考えちゃいけませんが、確かにサドル1個分でママチャリ買っておつりが来るんですよね。
ちょっと金銭感覚が狂ってるくらいでないと続かない趣味かもしれません。(笑
先日もお話ししましたが、僕も早くサドルをなんとかしないと・・・。
明日にでもサイクリングがてらANOに相談に行ってみます。

No title

>BlueTさん
そうなんですのよ。実はシチリアでもムケムケでしたわ。遠慮なくおっしゃってくだされば、じっくりお見せしましたのに。残念ですわ。
二人だけのサインを決めておきましょう。鼻の穴を三回ふくらませたら、合図ですわよ。


>ろくばんさん
7千キロ以上付き合って最高の相棒と思っていたアスピデに牙をむかれたときは、正直驚きました(笑 今度の相棒とはどのくらい仲良しでいられるか心配です。
体形もポジションもペダリングも、きっと少しずつ変わってゆくのでしょう。それに合わせる為、バイクのマイナーチェンジは永遠に終わらないような気がします。

リーガルe、なかなか良いですよ。硬いけど楽チンです。次にご一緒できるとき、まだ次期サドルが決まってなかったら座ってみてください。こいつのレーシングチームバージョンはめちゃくちゃカッコイイです。

No title

こんばんわ。
サドルの旅は長いと聞きます。
オイラも今月初旬に旅に出たばかり。
共に突き進みましょう!(笑)

No title

サドル、何個替えたか知れません。
振り返ったりはしません、次、次、次です。
最終的にはセッレイタリアSLRで落ち着いています。

No title

>のうくれ坊主さん
本日、サドルの様子をみるために軽く走ってきました。ろくばんさんと荷卸をのんびり登る予定だったのですが、湯田温泉のナンシー宮田君とジュンちゃんに遭遇。列車を組んで何故かアノサイクルに遊びに行くことになりました(笑
座面のくぼんだサドルは角度が難しいですね。後ろを上げすぎると尻が前に滑るし、前を上げすぎると息子殿が駄々をこねる。今のところ前と後ろを結んだ線が水平になる感じで落ち着きましたが、見た目がちとかっこ悪いです。


>Tさん
SLR、あれはズルイくらいカッコイイ。薄いくせに意外と快適だと聞きます。アノにある黒いSLRを試しに尻にあてたことがあるのですが、残念ながら僕にはちと合いませんでした。
サドルで悩みだすと、人のバイクに何が付いているか気になって気になって(笑
今度アンケートをとって一覧表を作ってみようかしら。
プロフィール

オカヒロ

Author:オカヒロ
使い分けるのが面倒になってきたので、これからは本名でいこうと思う。調べてみたところ、非常に世帯数の少ない姓のようである。そのまま漢字で書いてしまうのもあれだから、カタカナにしておく。

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。