スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大平山

 2月6日の日曜日。天気も良いし時間も空いている、お仲間の都合も大丈夫ということで、行ってきました。一度は登ってみたいと思っていた大平山です。
 8時30分に防府の「うめてらす」で魔球の使い手おやじいさんと待ち合わせ。
2011020601

 補給を買ったり、今度の国東の話をしながら大平山へと移動。
 あっという間にスタート地点の自販機に到着しました。おやじいさんが凝った写真を撮ろうとしていますが、どんな出来上がりなのか今のところ不明です。ブログに使えるような構図になったのかしら。
2011020602

 ここからの登坂中は写真がありません。
 正直言って大平山をなめていました。ほんとうにごめんなさいです。
 21世紀の森を登れたのだから、大平山も大丈夫さ。愚かにも僕はそう考えていました。

 スタートしてすぐの壁に鼻っ柱を根元から折られた後は、ヒーヒーゼイゼイ喘ぎながらダンシングの連続でした。ちょっと斜度が落ちたらシッティングに移るのですが、すぐに足が回らなくなってしまいます。
 次から次へと、それこそ波のように現れる急坂とコーナー。走り始めてどのくらい経ったでしょうか―、あとから考えてみると2/3ほど登った頃だったと思います。シンドイとかキツイとかではなく、リアルに「悲しく」なってきました。ペダルを踏む毎にフツフツと沸いてくるなんとも言えない絶望感。バイクに乗ってこれほど精神的に追い詰められたのは初めてでした。
「足をつかずに登り切る」を目標にしていたのですが、心が折れて一度休んでしまいました。それでもなんとか気力を振り絞って頂上へ。
 今回はおやじいさんと一緒だったのでなんとか登り切れましたが、単独だったらおそらく途中でやめていたと思います。自転車関連ブログのお仲間には、一人でスイスイ上っちゃう人が結構いらっしゃいます。彼らは超人ですね。尊敬します。

 記念の一枚。笑っていますが脚と腰はガクガクです。
2011020603

 補給の写真を撮るおやじいさん。たぶん彼のブログに載るんでしょうね。
2011020604

 自撮りを試みるも、角度悪し。もう少しおやじいさんを入れたかったな。
2011020605

 補給が効いたのか、あっという間に体力を回復したおやじいさんは山頂の鉄塔を征服すると言ってききません。すごい勢いで登っていったのですが、すぐにUターン。なんでも舗装が途切れていて、途中から砂利道になっていたそう。それではMTBじゃなきゃ無理ですね(笑
 あきらめて帰る男の絵。
2011020606

 今回は僕の都合でお昼までしか時間がありません。
 震えながら山を下って、まっすぐ平井屋藤兵衛へ向かいます。ええ、もちろん僕のわがままです。
2011020607

 お気に入りの「徳佐のリンゴパン」と、
2011020608

 パストラミのサンドイッチです。
2011020609

 その後プチ峠越えをしたり、マツダの前を気持ちよく巡航したり、すごく楽しかったのですが残念ながらここで時間切れ。楽しいライドでした。おやじいさん、ありがとうございます。またご一緒させてくださいね。
2011020610

 急いで帰ろうと思ったのですが、腹がへってたまりません。ちょっと一休みです。
2011020611

 パストラミのサンドイッチ。たいへん美味しゅうございました。
2011020612

 サイコンのセンサーが飛んでいったままなので、データは何もありません。

 走行距離は、60~65キロといったところかな。
 アベは、甘く見積もっても20台前半がいいところかと。 あくまで野生の勘ですが。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おぉ~! 大平山登られたんですね!!
ボクんち、すぐふもとですよ♪ 行けば良かった・・・ (*^_^*)

てか、平井屋藤兵衛さんは、ボクも今日行きましたよ!!
お昼頃に行きましたが、サンドイッチ系は売り切れのようでした・・・(^^;)

No title

実はまだ大平山未体験なんです・・・
雪はないんでしょうか?
なんとか今月中にクリアせねば

No title

今日はお疲れ様でした!辛く楽しいサイクリングでしたね。
今回も自分の使えない足を再確認でき、西浦では付いていく足はありませんでした(涙)
ギョロッケサンド美味しかったです!振動でタルタルソースが爆発していましたがw

No title

大平山そんなに大変なんですか!
いつかは行かないといけない思っていたんですが....

No title

大平山は、ロープウェイでしか登ったことがありません、、
あそこをヒルクライムされるとは凄いですね!

私なら、半分もいけないでしょう、、、

No title

大平山は
気合入れて行って!

「通行止め中」

の看板見て ほっとして帰った記憶が(汗)
もう一度 リベンジしてこようかな^^(言うのは簡単(笑))

No title

>HiroHiroさん
はい。うかつにも登ってしまいました。本文にも書いていますが、あまりのキツさに心がぼろぼろになりました。いやあ、手ごわいぞ大平山。
すぐふもとにお住まいだったのですね。そうと知っていたら連絡したのに、残念です。

実は当日の午後、所用で防府へ行ったついでに2度目の平井屋藤兵衛をやっちゃいました。そのときサンドイッチ系はゼロでしたね。早く行かないとダメかもですね。当日はアリーナでバレーか何かをやっていましたから、その影響もあったかもしれません。


>yuyaさん
頂上の駐車場付近の日陰には、ほんの少しの雪が残っていました。でも走行になんら支障はありません。次の寒波が来る前にぜひ登って、もがいて、もがいて、もがきまくってくだされ。いやいや、yuyaさんには物足りないかも。
アウター縛りでどうでしょう?


>おやじぃさん
やっぱり仲間と一緒に走るのは、まんぶり楽しいですね。ありがとうございました。
西浦ってマツダ工場のあたりですかね? あのときは何故かもの凄く気持ちよく走れて、その上ほとんど疲れを感じなかったのです。あまりの面白さに脳内麻薬が吹き出ていたのかも。自分勝手に走ってしまって申し訳ないです。これに懲りずに、また一緒に走ってくださいね。

そうそう、大平山を休まずに登りきれちゃう脚を、使えないなんて言ったらバチが当たると思いますよ(笑


>BlueTさん
大変だったのは、なにより僕の体力とスキルが不足しているからです。登ってみて、もう少し鍛えないとダメだなあと大反省しました。健康づくりのために始めたバイクですが、あれだけ登れないと少々悔しいものです。
登れる人には、なんら問題のない山だと思いますよ。路面もそこそこですし、車も少ないし。ちょっとコーナーが多いのは、6キロで頂上まで登り切ることを考えれば仕方がないかもしれません。ぜひ登って、21世紀の森との比較をコメントしてください。


>ひでのすけさん
今回はお仲間がいたから登れたと思います。一人だったら、たぶん途中でやめて帰ってますね。おやじぃさんは、大平山を登ったその足で21世紀の森を登っちゃうような「ドM」なナイスガイです。だからこそ余計に彼とのマゾヒスト比べでは負けたくないじゃないですか(笑
機会があったら登ってみてください。スルスル登れて、ヒルクライマーの血がたぎってくるかもしれませんよ。


>MANAさん
ヒルクライムの登り終えたときの開放感は最高だけど、途中は自問自答の連続で陰気な哲学者になってしまいます。今回も、なんで登るのかを考え続けていました。途中で何度も、痛めていた左膝のせいにして止めちゃおうと思ったんだけど、こんなときに限って何故か膝は絶好調(苦笑
あのシンドさを忘れるまでしばらくは近づかないつもりだけど、MANAさんが登るというなら僕も一緒に――、いやいや、やっぱり応援だけにしておきます。

大平山かぁ~

実は僕もトライしたことが有りません。

中学の頃に初日の出を見にママチャリで行きましたが、当然上まではロープウェーで登りましたし・・・

僕も近々登ってみるかな?

因みに距離や平均斜度ってどのくらいなんでしょうか?

No title

>組長さん
ルートラボで調べてみたところ、写真を撮っている自販機のところから6.4㎞、平均斜度は8.4%くらいのようです。21世紀の平均斜度を知りませんが、僕は大平山の方がシンドく感じました。特にコーナーの内側がキツかったですね。
組長さんなら、チャレンジなんて大げさなものではないですよ。
サクサクと登って、頂上駐車場での自撮りピースサインをお願いします。

よろしくお願いします。

赤潮様

ご連絡ありがとうございます。
家族には「前日はみんなと飲むと思う」と告げてあるんですけど…(笑)
一緒の宿だといいなぁ。どこにするか決まったら教えてくださいね。

あ、それから赤潮さんのケータイに僕のiPhoneからメール送ったらエラーがでちゃったんですけど、届いてないですよね。iPhoneのドメインが特殊なんで拒否されたのかもしれませんね。もしよかったら@i.softbank.jpのドメインを許可されているかご確認いただけると嬉しいです。^^

 まっしぃ

No title

>まっしいさん
了解です。宿は笠原(しぇんぱい)さんがあたってくださっていますので、決まり次第連絡しますね。そうそう、春名さんもご家族(奥様、息子さん)で参加ですよ。
前の晩に一緒に飲み食いできるといいですね。

No title

いつもの美味いものたっぷり記事で、行きたくなってきます。
ヒルクラ中の写真は無いので行きたくならないです(笑)

No title

>しおしおさん
大平山に自転車で登れることを知ったのは、しおしおさんのブログを読んでからです。たしか、あの記事に触発されて何人かが登りましたよね。僕もその中の一人です。
登っているときの写真は、撮れても載せられなかったでしょう。間違いなく放送コードに引っ掛かる顔をしていたと思いますよ。ヒーヒーゼーゼー、自分の悲鳴に自分で引いていましたもの(笑

No title

遅コメですいませんm(__)m
大平山はキツイですね(爆)
以前登った時はヘロヘロになりましたから・・・
またチャレンジしたいと思いますが、今は雪があって登れないでしょうね(汗)

No title

>マロンパパさん
きついですよね大平山は。
一週間が過ぎて記憶が少し曖昧になってきたので、こうして冷静に振り返ることができますが、上り終えてすぐは思い出したくもありませんでした(笑
本文中にも書きましたが、バイクに乗っていて悲しくなったのは初めてでした。

マロンさんは再チャレンジですか、僕はもう少ししてから考えます。
プロフィール

オカヒロ

Author:オカヒロ
使い分けるのが面倒になってきたので、これからは本名でいこうと思う。調べてみたところ、非常に世帯数の少ない姓のようである。そのまま漢字で書いてしまうのもあれだから、カタカナにしておく。

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。