スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五十肩

2016年6月16日(木曜日)

 正面を向いたまま軽くあごを引く。右手の平を頭頂から左側頭部に添えて、ゆっくりと首を右へ倒してゆく。やりすぎない。気持ちの良いところで止めたら、視線を左斜め上へ向ける。一呼吸おいて静かにもどす。

 柱または壁の切れる面の右側に立つ。気をつけの姿勢から左手を真横に水平まであげる。そのまま手首を返して、肘を支点に手先を垂直まで持ち上げる。肘の角度は90度。柱または壁の切れる面に左手の平から直角に曲げている左肘までをあてがう。胸と視線は正面。肩胛骨の動きを意識しながら、体重を少しずつ前へかけてゆく。一呼吸おいて静かにもどす。

 正しい姿勢で椅子に座る。右足を床からわずかに浮かせる。左右の指を組み、出来るだけ姿勢を崩さずに両手で右膝を浅く抱える。視線は正面。肩と腕から力を抜き、右足の重さで伸ばされる肩関節を意識する。戻るときは、上体を倒して右足を床につけた後に両腕を静かに解く。

 真っ直ぐに立つ。そのままの姿勢で、肩を支点にして左腕を真後ろに引き上げる。止まったところで腕全体を左右の回転方向へねじる。手の平の向きを上から下へ、下から上への繰り返し。

 どうやら五十肩らしい。左肩が上がらない。急性期の猛烈な痛みは治まったので、時間さえあれば前述のストレッチ等を続けている。これをサボると可動域が狭まると聞く。あちらこちらにガタの目立つようになってきたが、この身体、まだまだしばらくは元気に働いてもらわねばならぬ。「ピンピンコロリ」を実現するためにも、ここがど根性の見せ所であろう。

 さて、寝る前にストレッチをワンセット。

 そうそう、先日、川棚の楠を見に行ってきた。防府天満宮の御神木も素晴らしいが、川棚の楠もたいそう立派である。あたりの空気があきらかに違うのだ。自然と背筋が伸びる。

2016061601

2016061602

2016061603


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

養生なさいませ。

お盆過ぎ辺りでつーつのやるかと思いますので、それまでにはしっかり治して下さいね。
( ̄∇ ̄)ノ~

因みに僕の実家(三田尻)の近所には老松神社なる由緒正しき神社があるんですが、そこの御神木も楠木で、中々デカくて立派なんですよ。大きな台風で多少枝が折れたりもしてますが、存在感と言うか、風格と言うか、まさに思わず背筋がピンと伸びる雰囲気があります。
とか言いつつもう10年っちゃ言わんくらいご無沙汰してな・・・
たまにゃ仕事帰りにでも覗いてみよう♪

No title

一か月まえに左腕がしびれて、首が回らなくなって、往生しました。
温泉に行って、サウナでがんがんあっためたら・・・なおった。

No title

>組長さん
お盆過ぎのつーつの。了解しました。
楠木を御神木と奉っているのは比較的暖かい地方だけらしいです。北の方だと杉が多いと聞いたことがあります。なんでも、寒いと楠木が大きく成長しないらしいとか。


>Y&Tさん
なんとか普通の生活ができるまで回復しました。痛み出してから約3週間かかりました。半年とか1年とか苦しむ人もいるらしいので、僕は運が良かったようです。

プロフィール

オカヒロ

Author:オカヒロ
使い分けるのが面倒になってきたので、これからは本名でいこうと思う。調べてみたところ、非常に世帯数の少ない姓のようである。そのまま漢字で書いてしまうのもあれだから、カタカナにしておく。

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。