スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東ほうべん山

2013年09月22日(日曜日)晴れのち曇り

 東ほうべん山に登って来た。西から東へと縦走させられた高校生のとき以来である。あれはキツかった。学校行事のレベルをはるかに超えていた。
 人間、齢を重ねると高いところへ登りたくなると聞く。嫌でも意識させられる彼岸へ渡る練習なのだそうだ。冗談抜きに、たしかにそう思う。
 登山口にて。まだこのときは元気いっぱいである。
2013092201

 上りは、まったくストレスを感じなかった。自転車のお陰だと思う。ハムストリングスとケツ筋を使って、スタスタと進める。リュックがちと小さいが、これは鞄代わりに使っているいつものデイパック。もしも山へ通うようになったら、用具一式考えねばなるまい。
2013092202

 案内どおり、80分ほどで無事に登頂。
 雲が直ぐそこにある。手を伸ばせばとどきそう。
2013092203

 補給用に買ったカツサンドを食らい、ひと休み。飛びかうスズメ蜂が少し気になったが、こちらが必要以上に警戒しなければ攻撃してくる様子もなし。風が気持ちよかった。遠くに西ほうべんが見える。縦走してみる元気は、まだない。
2013062208

 往路と違って復路はたいへんだった。降り始めると直ぐに、太腿の前側の筋肉が緊張し始めた。そして緊張はあっと言う間に痛みに変わった。いつ攣るか分からない脚を引き摺るように山を降りる。騙しだましである。なんともキツかった。そんな僕に時々声を掛けながら、一緒に登ったウォーキングの師匠(アキコさん)はスタスタと歩いてゆく。
 むうう、もちっと鍛えねば。


 そうそう、山を降りてから汗を流しにお風呂へ行った。
 山口奥湯田温泉「山口ふれあい館」(山口市宮野上1222番地 電話083-923-3351) ここの入浴料、なんと100円。お風呂は少し狭いけど、お湯はなかなか。銭湯を使うより絶対にお得だと思う。
 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おー、山の師匠の正面画像は初めてではないですか?ちゃんと、山の師匠の顔出しはOKをもらいましたか?
それだけが気になって、寝つきが悪いです。後で、もめないように。

No title

>モカさん
そう言えば無許可でしたわ。でもピントが甘いのと、帽子の影になって顔ははっきりと見えないでしょ。だから大丈夫です。たぶん(冷や汗
とは言え、今度会ったときに殴られるかも――

No title

元気ですねー.特にアキコさん.
私はもうダメです.

No title

>BTさん
人生百年。まだ半分残っていますから。気の持ちようではないかと。
どうにも恥ずかしいとアキコさんが言います。今回の写真はお蔵入りです。

No title

でも名前を付けて保存したわー

No title

>BTさん
実は端の方に不思議なものが写り込んでいたのですがーー
まあ、気にしないでくだされ。たぶん、祟られることはないと思われます。

No title

天気もかんかん照りでないみたいで良いですね。

山登りと自転車はなんか通じるものを感じてます。

次は縦走ですね

No title

>きんたろうさん
自転車乗りなら、たぶん上りは得意だと思います。肺と心臓そして脚の後ろ側は無駄に強いですもの。でも下りはダメみたいです。ペダリングには体重を支える筋肉の使い方がないですからね。止まるスポーツの卓球やバスケをやる人は下りが得意かもしれません。
ゴールに向かってスタミナのマネジメントをするのは自転車と似ていますね。あと、頭が空っぽになるのも似てるかも。
プロフィール

オカヒロ

Author:オカヒロ
使い分けるのが面倒になってきたので、これからは本名でいこうと思う。調べてみたところ、非常に世帯数の少ない姓のようである。そのまま漢字で書いてしまうのもあれだから、カタカナにしておく。

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。