スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20120122秋穂をひとまわり

01/28新年会のご案内はこちら

01月22日(日曜日) 曇り/小雨  秋穂をひとまわりしてきた。

 はじめたことを途中でやめるのは、なかなかに難しい。
 努力と根性そして忍耐。これらを是として育てられた昭和のオッサンにとっては、なんでも最後まで頑張ることが当たりまえであり、それこそ正義なのである。血反吐にまみれながらも前進を続け、たとえ力尽きることあっても、倒れるときは前のめりであるべし。言い方は悪いが、玉砕を素直に受け入れ、美化すらしてしまう心的傾向をオッサンは持っている。
 たしかに優れた点はある。道なき荒野を開拓するには、ある種の盲目的な果敢さも要るだろう。しかし、この直線的な思考が過ぎると勇気も瞬く間に蛮勇と化してしまうから恐ろしい。周囲の状況を考えずにひとつのことに向かって猛烈な勢いで突き進む様。猪突猛進は多くの場合、後悔を生む。
 増水した川の中州に取り残されるキャンパー。雪のため車内で一夜を明かすドライバー。レスキュー隊の救助を待つ登山者。他山の石は至る所にごろごろしている。
 戦略的撤退という言い回しがある。これを我々オッサンは学ばなければならない。状況を長い目で観て、勝利するために一旦逃げる。とにもかくにも生き延びて、体制を立て直し次の機会をうかがうのである。

 左から ろくばん氏、中村氏、マロンパパ氏、MaNa氏、そして写真を撮るぼく。
 メールでの急な連絡にもかかわらず集まった猪ローディー達である。早朝の秋穂ランランドーム前にて。
2011012201

 今回プチサイクリングの発端となった御仁のバイクである。お気づきになるだろうか、光り輝くニュークランクに。
 機材を換装すればモチベーションは急上昇する。すぐにでも回してみたくなるのが人の業。
2011012202

 予定した出発時間を迎えるころから細かな雨が落ちはじめた。じきに路面も濡れるだろう。協議の結果、長距離はムリと判断して秋穂を時計回りに1周することに決定。中村氏は早く走りたくてウズウズ身悶えしていた。若さは何ものにも代え難い。

 スタートから徐々にペースを上げていくと、ちょうど身体が暖まった頃に訪れる例の登坂。スルーを主張する選手もおられたが、多数決では勝ち目なし。ダンシングを織り交ぜながらギリギリと上る。
 お約束のあいお荘で自撮りを1枚。マロンパパ氏はぼくの陰に入ってしまった。申し訳ない。
2011012203

 2週間ぶりのバイクで、もうひとつ調子の出ないろくばん氏。
 真っ直ぐ座って真っ直ぐ踏めているけど、肩の高さにほんの少しの左右差がある。後方を走りながら見たときには気づかなかったから、肩は写真の瞬間だけかもしれない。
2011012204

 写真を撮ると伝えたのに、ぐるぐる回すマロンパパ氏。ちょっと待ってよ。
2011012205

 MaNa氏もぐるぐる回す。速過ぎるっちゅーに。写真がブレたわ。
2011012206

 中村氏、この男に至っては何をか言わんや。写真を撮るから軽く流せと言うたろが(笑
2011012207


 当初は持世寺温泉または宇部空港へのサイクリングを予定していたが、天候不順のため「(琉神)Tです氏」考案のツールド秋穂20キロコースをひとまわりした。短距離ではあったが、事故や故障もなく走り終えることができた。目的を達成するために走る距離とルートを変更した今回は、「戦略的」というより「戦術的撤退」の辛勝といったところであろうか。
 雨降りにはリスクが増す。本来、こんな日は自重するべきとは思うが――

 なかなか大人になれないものである。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

昨日はお疲れ様でした!
宇部まで行きたかったですねぇ~残念(爆)
でも少しでも走れたから良かったです(^_^)v
次回こそは行きましょう。

No title

>マロンパパさん
日曜日のT氏交差点直前での捲りはさすがでした。余りのタイミングに追うことすら出来ませんでした。
宇部、次こそぜひ走りたいですね。きららビーチ焼野で一休みして竜王山を上りましょう。

No title

雨でも多分、あのおっさん達は走るだろうなーって思ってました。
やっぱりそうですよね。走りますよ。みんなと集まったら、ついつい行きますよ。
是非、今度御一緒させて下さい。

No title

お世話になりました。
昨日、首筋から肩にかけて違和感があったのはこのせいかも。
あの後で予約してた整体に行くと、その辺りを重点的に施術されたので体のバランスが狂ってたのかもしれません。

今回は天気がいまいちで残念でしたが、次は宇部まで行きましょう。

PS.昨日はカメラのバッテリーを入れ忘れ、携帯のカメラのみでした。
集合場所での写真しかなかったので、記事は・・・。

流石です

ゆとり世代のぼくとはちがうなあとおもいました まる

タイミングが合えばお会いできたかも知れなかったんですねえ。
残念。週末に大いに語りましょう\(^o^)/

No title

微妙な天気でも集まれば走るしかないですね。
大人の判断を期待して雨の中出発をした角島を思い出しますw

No title

あの後 2時間ダベリング!
寒かったですよ~(笑)
暖かくなったら 超ロングやりましょう^^

No title

この日は周南方面は降ってませんでした。ちょうど秋穂のあたりが雨が降る境界だったんでしょうね。

No title

>モカさん
大人の判断をそれとなく提案したのですが、残念ながら僕を含めた多くのオッサン達は子供のままでした。ただ、気持ちと裏腹に体力は歳相応だったようで、T‐秋穂コースは一周が限界でした。次はご一緒しましょうね。やはり毒キノコをいじらないとシャンとしません。


>ろくばんさん
いつものろくばんさんなら、上体から腰までがほとんど左右対称なフォームですからね。この日の写真はちょっと気になりました。ケッコウ一緒に走っていますから、軽い違和感を覚えたのです。
宇部はええですよ。ぜひ、きらら焼野で一休みして竜王山を上りましょう。


>立石さん
この日は午後から用事があったのでバタバタのライドでした。ブログを拝見して、午後から大将と走られたのを知りました。できれば一緒に走りたかったなあ。週末は大将をいじり倒しながらバリバリ飲みましょう。


>おやじぃさん
メンツを見たら想像できますよね(笑  何処から見ても、あん・ぽん・たんなオッサンの集団です。
そうそう、もちろんおやじぃさんも数に入っていますよ、あんぽんたん班の(笑


>MaNaさん
マロンさんのブログにも書き込みましたが、お昼ころにドーム近くを車で通ったのですよ。寄ったら、また会えていたでしょうね(笑
ぜひやりましょうLSD。我慢できずに暴走したらエイドで皆にコーヒーをおごる、なんてペナルティー付きで。


>fuk@さん
雨を嫌って宇部方面へのルートを考えていたのですが、この日は東へ向かうのが正解だったようですね。山がないくせに秋穂や宇部がぐずつくとは。ヤン坊マー坊を叱ってやらなければなりません。

大子人供

大人にならきれない方々の集まり‥‥素敵ですぬ?
早朝集合メールで集まるフットワークの軽さがまたいい??
しかし秋穂荘の坂上がったんですね!?すごっ!若ーい??

No title

>モンキーDアカーさん
もちろんご存知と思いますが、男はいくつになってもハナタレ小僧です。友達とつるんで遊びたくて四六時中ウズウズ。誘われると我慢できないのですよ。たぶん鬼籍に入るまで変わりません。
○○と煙は高いところへ云々といいます。われわれオッサン達は秋穂荘の坂では、もう満足できない身体になっております(笑
プロフィール

オカヒロ

Author:オカヒロ
使い分けるのが面倒になってきたので、これからは本名でいこうと思う。調べてみたところ、非常に世帯数の少ない姓のようである。そのまま漢字で書いてしまうのもあれだから、カタカナにしておく。

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。