スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20111113サイクリング

2011年11月13日(日曜日)絶好のサイクリング日和

 ちゃらっと走ってきた。ひとまず、使えそうな写真だけアップしておく。
 記事の内容は追って。

 以下、内容の追記

 バイクを積み、7時過ぎに家を出た。待ち合わせの徳地ローソンへ向けて車を走らせる。
 ろくばん氏のひと言から決まった「ちゃらっとサイクリング」の当日である。この呼称(ちゃらっと)は準備の手抜きと走行距離の短さに由来するのだが、ことばの響きにあるお気楽感と相反し、実走は少々ヘヴィなものとなってしまった。名のある峠を5つは越えたはずだ。
 防府市に入って佐波川を遡上するうちに、なにやら怪しげな乳白色の帯を発見した。気象用語では1㎞先を見通せないものを霧、それ以上の先を見通せるものを靄(もや)と呼ぶらしい。だからこれは霧。朝霧は晴れると言う。幸先がいい。
2011111301

 第1集合場所の徳地ローソンに集まったのは、SOSYU氏、ろくばん氏、Tです氏、そして僕の4名。 計画通り8時半にスタートして八坂へ向かう。この日もポン太はひきこもり中だった。
 松柄峠の裏坂は緩い上りが延々と続く。負荷は小さいが、常に入力を必要とする。そのため、ペダリングを意識して走るのにはちょうど良い。SOSYU氏がブログに書いていように、大臀筋を使って回してみる。どうにも要領がつかめないので、尻をぐりぐり揉んでみた。なかなか良い感じだ。尻に近い下肢の裏側に意識がいくと太腿も高く上がる。
 そうこうしているうちに、第2集合場所の仁保道の駅へ到着。ここでモカ氏、男爵氏、中村氏を吸収して総勢7名となった。
2011111302

 宮野方面へ抜けるルートとして長谷峠を選択した。全員で隊列を組む。その先頭を牽くのは――
2011111303

 毒キノコ☆モカ氏。 今回は峠の途中までを担当。一定のペースで、みごとにノルマ達成である。
 きれいな列車ができあがると、整流効果で先頭も少し楽になる。体感していただけただろうか。2番手はT氏。ピッタリの距離感と絶妙なライン。顔もあがって前がよく見えている。3番手の男爵氏は前との距離が空きすぎ。接触を恐れたか。あとホイール1個分は詰めたいところ。
2011111304

 ここが正式なスタート地点らしい。その距離7.1㎞、平均斜度6.7%、最大標高差470m。今回のサイクリングの最大にして最強の敵、21世紀の森TTに挑戦である。
 各々、準備をしながらテンションをあげてゆく。写真を撮る者、バイクの点検をする者、サイコンをリセットする者、そして道端でレッグウォーマーを脱いじゃう者まで現れる始末。
 ようい―― ドン。スタートは静かな滑り出しだった。全員が後半に向けて脚をためておく作戦を選択。
2011111305

 登坂中の写真が撮れるわけもなく、頂上を目指してひたすらペダルを踏む。やっとのおもいでひとつクリアすると、次のコーナーがのろのろと迫ってくる。バンクと合わさるイン側からの立ち上がりは、ひどく大仕事。油断すると力がつり合ってバイクは停止しそうになる。
 どの辺りからだろうか。ひさしぶりに例の謎メロディーが頭の中で鳴り始めた。今回はそうとうに切羽詰まっていたのだろう。ごく短いワンフレーズの繰り返しだった。あれはたしか―― ビバルディ?

 めまいと吐き気をこらえつつ、なんとか登坂。膝は笑うし、手元はふるえるしで補給もままならない。
 ここを20分台の前半でゴールする強者も居ると聞く。でも僕はこれで精一杯。訓練を積んでも30分を切るのは難しそうだ。まあ、訓練する元気もないが。
2011111306

 モカ氏も無事に登坂完了。自己記録を大幅に更新したらしい。なぜか堂々の右側通行。その意図は本人にしか分からない。
2011111307

 全員、無事に登坂完了。本日の山岳賞は中村氏(起立白ジャケット)だった。彼の登坂には力みがない。ペダルを回した力がロスすることなく後輪へ伝わっているような印象を受ける。ひと踏みでバイクがスッと前へ進んでゆくのだ。抜かれた瞬間に食らいついてゆこうとしても、こちらが踏んだときには先へ逃げてしまっている。

 写真中央は真っ白な灰になってしまった男。 明日はどっちだ。
2011111308

 SOSYU氏はここで離脱。いま来た道を戻って子守りに向かわれた。一緒に走っていただき、ありがとうございました。また宜しくお願いします。
2011111309

 21世紀を262号方面へ下り、荒谷ダムへ向かっていると対向車線を走る一台のロードバイク。どこかで見たアンカー、どこかで見たデュラ50ホイール、どこかで見た―― あっ、あの顔はHiroHiro氏だ。
 忙しい時間をやりくりして追って来てくれたらしい。近くのパーキングへ移動して、しばし歓談。
2011111310

 HiroHiro氏のバイクには車載ビデオがセットしてあった。荒谷ダムの下りがアップしてあるので、ぜひ彼のブログを覗いてみてほしい。モデルの僕はあれだが、画像はなかなかの写り具合である。自分のフォームやペダリングを客観的に見られるのは大きい。平地走行やダンシングなどを後方から撮ってもらえると、非常に参考になると思う。
2011111311

 宮野まで帰ってきたところでHiroHiro氏、T氏、モカ氏とお別れ。
 残り4名は仁保地峠を越えて道の駅近くへ。ここで男爵氏ともお別れのはずだったが、何を思ったか彼は荷卸峠の頂上までつき合ってくれた。ときどき予測不能な行動をとるが、いいヤツである。
2011111312

 本日のルートは以下の通り。
 松柄峠、長谷峠、坂堂垰(21世紀)、仁保地峠、荷卸峠 やっぱり5つは欲張りすぎた。




 無事故、無落車で終了。いい1日だった。

 モカ氏は今回もパンクを回避した。次こそは――



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お世話になりました。
21世紀きつかったですねー。でも、やはり、みんなで行くと楽しいですよ。雨もなく、日差しも弱く、ナイスな天気でした。いつも参加させて頂き有難うございます。
集合場所や時間の提示を有難うございました。
また、今度も機会があれば、ぜひ、お願いしまーす。
Tさんの尻、腰、背中の曲線美??いいですねー

No title

楽しく屍になれたようですねw
21世紀、そろそろ行かねばならぬようです。。。

No title

ちょっとだけでしたが お疲れ様でした! (^^;)
往路は、仁保の道の駅から大内の方へ抜けられたのですね。
実は てっきり、仁保地を経由して21世紀方面に行かれると思いこみ、最初は仁保駅の前で待っていました~ (笑)
しかし、ダベリモードにしても遅すぎるので、予定コースを逆送してみて、ようやく合流できました♪

No title

このコース.是非参加したかった.
21世紀はともかく長谷と仁保地は私のいつものコース..
お疲れさまでした.

これ

画像を加工してますね。Tさん、20年くらい老けちゃってる(笑)
おっさんを通り越して、じいさんになっちゃってる。。。おそるべし21世紀の森。
阿蘇を付き合ってくれたy氏にしか見せたことのない顔です。
死体ごっこすればよかった。

No title

自分も参加したかったなぁ~
次回は是非!
また誘ってくださいm(__)m

No title

お疲れ様です.久しぶりに大勢で走れて楽しかったです.それにしても、21世紀で赤潮さんに抜かれたのがすごく悔しい.次回は大平山でリベンジしますよ.

No title

>モカさん
実際のところ、自転車絡みで月に何回会っているでしょうね? もしかしたら愛しのアキコさんよりモカさんの顔を見ている方が長いかも(笑
少し無茶なサイクリングを計画しても、参加していただけるのはありがたいです。これからも走るときは告知します。はなからメンツに数えていますので、可能な限りご参加ください。
T氏のプリプリは身体の柔らかさから来るものだと思います。節々の硬い僕には羨ましい限りです。今日から柔軟体操を始めます。


>おやじぃさん
1年ぶりの無茶でした。すっかり忘れていました。21世紀には魔女が住んでいるのを。
11%の看板までがやたらと長いのです。そしてその看板を見てからも長いのです。滝へ向かう所を大きく右折してから先、休めるところは頂上の風車手前だけですからね。誰が作ったのかは知りませんが、難儀な道です。
21世紀、年末も大平山とのコンボで行きますか? 逝くときは連絡お願いします。付き合う予定はありませんが(笑


>HiroHiroさん
白いアンカー9に50デュラ、そしてお顔を見たときは思わずニヤケてしまいまいた。忙しかったんじゃないですか? でも、ちょっとの間でもお話できて嬉しかったです。ああ、このオッサンも僕らと同じかそれ以上の馬鹿チンなんだ、とね(笑
ルートの件は申し訳ない。仁保地を通るか長谷峠を通るか、決めていませんでした。今回はR9のトンネルを避けたくて後者を選びました。とは言え、結局は通ったんですけどねトンネルを。


>BTさん
皆で走っていても、なんだか物足りないように感じました。仁保近辺を走るときは、やはりBTおじ様が必要です。
長谷と仁保地、どちらも今回始めてまともに走りました。斜度はそれほどでもないですが、双方ともジワジワと脚にきますね。まるでボディーブローのようでした。
今年中になんとか一回、一緒に走りたいものですね。


>灰になった男さん
実はもう一枚あったのですが、老けたじいさんどころか片足を棺桶に突っ込んだくらいの悲壮感が漂っていました。大人の判断でボツです。
ところで、阿蘇は来年も行くんでしょ? それならば某ドM青年のやった暴挙、21世紀と大平山の連続登頂がもってこいの訓練になると思われます。ひとりで寂しければ声をかけてください。おやじぃ氏は必ず行きますよ。僕は微妙ですが。
もちろん、応援には行きます。


>マロンパパさん
当日はお忙しかったようですね。また、次の機会にはお願いします。いつもの笑顔が見えないと、サイクリングも楽しさ半減です。
今回はキツイコースでした。一回、平地メインのスピードコースを挟もうかとおもっています。それこそ、雨でダメになった「ひでのすけ氏コース」が最適かもしれませんね。

No title

>SOSYUさん
21世紀は久しぶりだったので、SOSYUさんのペースを参考にさせてもらいました。中村君に先行されたのは悔しかったですが、彼を追ったら失速するのが分かっていましたのでグッと我慢。11%の看板前でダッシュする作戦が、たまたま上手い具合に当たりました。とは言え、今回は出来すぎです。
大平山ヒルクライム。ぜひやりましょう。もちろん、BTおじさまや某灰になった男、モカ氏も強制的に呼んでくださいね。楽しいし、なんと言っても気合が入りますから。

No title

日曜はお世話になりました。
あまり軽々しく言ってはいけませんでしたね。
21世紀を上りながら後悔しっぱなしでした。(笑
いい経験をしましたが、しばらく避けたい場所です。

今度はちゃらっと津和野でも行ってみますか?
なんてね。(笑


No title

>ろくばんさん
お疲れ様でした。知らないコースの登坂は、精神的に追い込まれますよね。ペース配分がまったくできない。たとえ車ででも、一度走っておくと違うんですけどね。今回の無茶で身体が覚えたでしょうから、次のチャレンジ21世紀はずいぶん楽になると思いますよ。
ほうほう、次は源氏巻。とうとう県外へ出ちゃいますか。分かりました。ちゃらちゃらっと走ってしまいましょう(笑

いつ見ても楽しそう?
元気出ます??
最近の私はAmebaピグにハマりっぱなし

No title

>Dのお嬢さん
見るからに楽しそうでしょ? 
バイクのおかげで、仕事関係以外の交友が広がるのはありがたいです。上下や利害関係のない人と遊ぶのは無条件に心地よい。暑苦しいオッサンばかりですけどね。本当に楽しいんですよ。
ところで、Dお嬢の個人ブログはアメーバメンバーしかコメントが入れられませんよね。あれ、なんとかならんですかね?


プロフィール

オカヒロ

Author:オカヒロ
使い分けるのが面倒になってきたので、これからは本名でいこうと思う。調べてみたところ、非常に世帯数の少ない姓のようである。そのまま漢字で書いてしまうのもあれだから、カタカナにしておく。

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。