スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイクルツアー北九州2011

2011年10月02日(日曜日)曇天

 サイクルツアー北九州に参加してきた。当日は少々肌寒かったがまずまずの天候。
 この大会は開催第1回目から雨降りがつづいていたそうだが、そのジンクスに終止符が打たれたわけだ。ぼくがANOジャージを着ると必ず降られる、という迷惑極まりないトラップも今回ばかりは発動しなかった。正直、ほっとしている。

2011100206

(大会前夜)
 北九州へ前日入りしたオッサン4名(ろくばん氏、おやじぃ氏、中村氏、ぼく)は、躊躇することなく宿近くの居酒屋で北九州の味を堪能した。翌朝は待ちに待ったサイクルイベントである。期待と不安が入り混じり、おかしな具合にテンションがあがってゆく。理由もなく大笑いし、次から次へと杯を重ねる。いったい何時まで飲んだのだろう。これを書きながら気付いたが、宿へ帰ってからもろくばん氏の部屋で缶ビールをしこたま飲んだ記憶がある。アホである。
 なお前夜祭の模様の写真はない。カメラを忘れて宿を出る、という大失態をやらかしたのだ。青魚の刺身うまかった。焼き鳥うまかった。餃子うまかった。とり天うまかった。山芋うまかった。その他いろいろうまかった。ただ、ホタルイカは苦手だ。


 今回、一緒に走ったのはマロンパパ氏、ろくばん氏、おやじぃ氏、中村氏、そしてぼく。
 YBCMのメンバーからは骨折したyuya氏に代わってT氏も出走したのだが、彼はVIPチケットを受け継いだ男である。会場横の駐車場、優先スタート、専用テント、さらに豪華弁当と、まさに至れり尽くせりの破格の待遇。そのうえ自転車名人鶴見辰吾氏とお友達になれる(詳細は彼のブログ参照)のだから、黄門様が常に印籠を掲げている状態である。スタート前にこそ話はできたが、あとは折り返しのタイミングで一度見かけただけ。このVIPチケット、来年も参加するなら要検討である。

 T氏については近々ろくばん氏のブログにその活躍ぶりの詳細がアップされると思う。ひと言でいい表すならば、まさに彼は救世主であった。VIPチケットを持つ者だけに許された重役出勤。この特典がなければ、酒にうつつをぬかしたオッサン達のもとに手組の翼は届かなかっただろう。

 いざ出陣。ろくばん氏と中村氏はまだ準備中。
2011100201

 さて、大会そのものの前に当日朝の出来事を記さないわけにはゆくまい。

 朝、ろくばん氏からの電話で眼が覚めた。携帯に残る着信履歴では4時32分。
「今日は走れません。前輪のホイールを忘れてきました――」。
 人間、取り返しのつかないミスを犯すとかえって冷静になってしまうようだ。とつとつと語る彼の口調に、申し訳ないが笑いがこみ上げてきた。話を聞くと、忘れたホイールは中村氏のものとのこと。遅れて九州入りする彼の分までバイクを運ぶ際に、なぜか前輪を積み忘れたらしい。
 一縷の望みをたくして朝一で九州入りするはずのT氏へ連絡したところ、幸運にも在宅。そして代わりの前輪の持参を快諾。なんと男前であることか。助かった。巨人、大鵬、たまごやき―― いや違った。神様、仏様、Tさまである。


 駐車場から会場へ向かう我々。写真は前輪のない自転車を押して歩く中村氏。ロードバイクにまたがる多くの参加者に追い越されたが、彼らの眼にはどのように映ったことだろう。
2011100202

 救世主の光臨である。
2011100203

 左から中村氏、ろくばん氏、bb1氏(大会ボランティアとして100㎞走行)、T氏、おやじぃ氏。 あれ、何故マロン氏が居ないのだろう?
2011100204

 鎖骨を治療中のYuya氏も、さぞ走りたかったことだろう。
2011100205

 静かに燃える男、おやじぃ氏。今日はあおレンジャー。
2011100207

 あきらかに表情を作っている男3人。左からろくばん氏、中村氏、マロンパパ氏。キリッ☆
2011100208

 優先スタートのVIPを送り出し、出走順を待つ。ロングコースから出して欲しかったが、ミドルの参加者とごちゃごちゃになってしまった。ここで約15分のロス。このロスが後々大きく響くことになる。
2011100209

 イベントで設定されたコースは、少しストレスのかかるものだった。前半と後半の市街地走行はストップ&ゴーの繰り返しのうえ、大きな交差点の右折も何カ所かあり、精神的にも肉体的にも相当な負荷を感じた。頻繁なクリートの着脱で途中から左足首に違和感を覚えたし、信号スタートの際の踏み込みで右脚だけがアンバランスに疲労した。交通量の多さも、ぼくのような田舎者には辛い。

 市街地ではずっとこんな調子。何度信号に引っかかり、何度クリートをはめ直したことか。カウントしておくと面白かったかも。
2011100210

 第1エイドの門司港レトロへ向かう。ここのカレーパンがうまかった。
 T氏の手組のフロントに大はしゃぎの中村氏と、信じられない大ポカをやらかした先輩ろくばん氏。
2011100211

 この頃はまだまだ余裕たっぷり。構図を考えながらの記念撮影に精を出すのん気さ。痩身のマイトガイは何を想うのか。こうしてみると貴重な時間を無駄にしているなあ。
2011100212

 第2エイドの北九州空港へ向かう一本道で、折り返してきたT氏とすれ違った。すでにこの時点でかなりのタイム差が発生していた。
 写真は、数枚チャレンジして唯一見ることの出来るバックショット。
2011100213

 空港からの復路。マロンパパ氏の前に見えるハートのジャージは、先日のサイクリングでも一緒に走ったどんどん氏。スタート前の駐車場でも挨拶させていただいた。爽やかで気持ちのいい人だ。今回は下関のお仲間と参加されていた。

 この頃から足切りが気になりはじめた。提示されたリミットは、12時までに合馬の昼食ポイント。13時までにミドルとの分岐点。間に合うかどうか微妙なタイムである。ここからは、かなり気合を入れて回したので写真を撮る暇がなくなった。
2011100214

 イベントを安全かつ時間内に終了させるため絶対に必要とは思うが、足切りポイントとその設定時間には少し首を傾げたくなった。昼食後の登坂で少し手こずったのと、運悪く何度も赤信号にかかって遅れてしまったおやじぃ氏は、途中でミドルコースへと誘導されることになった。彼の足切りポイント到着時間はわずか3分オーバーの13時03分。先行したぼくを含む4名の通過時間がぎりぎりの13時00分(もしかしたら若干過ぎていたかも)。エイドで必要以上に休んでいないし、前半からかなり本気で回したつもりだ。スタート順が遅かったのも要因であろうが、信号の多い市街地走行を含めて160㎞をアベレージ25で走って足切りぎりぎりというのは、どうだろう。まあ、走行計画をしっかりマネジメントしておけば今回のようなこともなかったのだから、自己責任ではあるが。

 なんとか足切りを回避して第4エイドでおやじぃ氏の到着を待つ。一番奥の御仁は、ノリの良いどなたか様。ここのぜんざいがうまかった。しかし、待てども待てどもおやじぃ氏は――
2011100215

 あおレンジャーを失ったオッサンたちは悲しみをこらえて必死にペダルを回す。しかし、4人では思うように力が出ない。

 木屋瀬宿第5エイド。元気なちびっ子スタッフさんと写真を撮る。
2011100216

 グリーンパーク第6エイド。ゴールまであと23㎞。さすがに疲れてきた。
2011100217

 八幡東田第7エイド。ゴールまであと8㎞。餃子とパンの補給があったが、腹いっぱいで手は出ず。
2011100218

 せっかくだからマロンパパ氏に写真を撮ってもらう。もうフラフラで腰が定まらない。
2011100219

 まもなくゴール。
2011100220

 達成感と開放感。そして、もう少しでバイクを降りなければならない寂寥感。
2011100221

 4時45分ころ、無事にゴール。腹いっぱい走った。楽しかった。ろくばん氏と。
2011100222

 マロンパパ氏の牽きがあったからこそ、なんとか完走できた。ありがとう。あれ、中村氏は何処いった?
2011100223

 5人揃ってゴールできなかったのは残念だったが、実に素晴らしいイベントだった。走り終えてまったく不満を覚えない。いやいや、不満という言葉を口にするのも気が引けるくらいだ。危険な箇所や右左折ポイントで的確に誘導してくれるスタッフさん、迷いようがないほど設置された看板、充実したエイド、沿道からの声援、大勢のサポートライダー、そして我々サイクリストを受け入れてくれる一般ドライバー。都市部を含むサイクルイベントを作り上げるのは本当に大仕事だろう。大会を成功させようという関係者の方々の気持ちがひしひしと伝わってきた。その一生懸命さは献身的という言葉がピッタリだと思う。事故もなく、気持ちよく走らせていただけた。北九州に感謝する。


 大会当日のデータ(赤潮サイコン、駐車場から大会会場までの往復を含む)

 走行距離 158.9km 
 走行時間 6時間23分 
 最高速度 50.0㎞/h 
 平均速度 24.9km/h 

 さて、来年はどうしよう。やっぱりVIPチケットか?


 ありがとうT氏。ホイールはANOのシラ君に預けておいた。今度、コーヒーを奢らせてもらうよ。
2011100224



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お世話になりました。

サイクルツアー北九州お疲れ様でした。
何とか足切にもならず完走出来て良かったですね!
(おやじぃさんは残念でしたが・・・)
楽しい一日でした(^_^)v
来年はVIPコースでエントリーしますかねぇ~(笑)

No title

お疲れ様でした!
噂でも最初は渋滞・・・
って聞いた事ありますよ!
でも おやじぃさんは残念でしたね。
スタッフの方も行かして上げたいけど・・・
って微妙なんでしょうけど、しょうがないんでしょうね^^
でも 皆さん無事の帰還でなによりです♪

No title

ホイール預け式があったのですね。
そのうち受け取り式に参ります。

私の北九州は、大暴走&ほぼ一人旅でした(笑)

No title

昨日はお疲れ様でした。また一緒に走れて良かったです。
僕はミ・ド・ル・コース完走する事ができました(^。^;)
来年はエイド早食で頑張りますよ~(^w^)

No title

たのしんでいらっしゃるのがよく伝わってきました。

北九州、山口の道を走りなれてる我々には過酷なコースですね。
いつか行ってみたいです。

No title

お疲れ様でした。
関門海峡をバックに写真撮影。。。無駄な時間でしたね~w いやいや、あれも思い出です。
今回は足切りで涙を流しましたが、記事を読んでみると走ってても疲労で泣いてたっぽいですね(爆)
来年はVIPと一緒に先頭スタートです!


私の無念さを語って頂きありがとうございました!自分じゃ上手く表現できなくて・・・w

お世話になりました。

今回は早朝よりご迷惑かけてすいませんでした。
頭の中が真っ白になって、つい電話をしてしまいました。
T様へのコーヒーは僕から奢らせていただきますので・・・。

今日になってスタートの時を思い出してみると、8時5分過ぎまでブリーフィングが押して先頭のスタートが8時10分頃、8時18分に撮った写真では前にもう2グループぐらいいるので、自分達のスタートは8時20分くらいだと思います。
さすがに20分は大きいですね。

個人的には絶好調で充分楽しめたんですが、唯一みんなが揃ってゴールできなかったのが残念です。

No title

楽しそうですね。ぜひ、来年は参加したいです。そのために、鍛えておきまーす。
しかし、『ホイール事件』はあついですね!!前輪なしで、おしてる中村さんの写真は、おいしいです!!

No title

北九州お疲れ様でした!
エイドも充実していますし、腹いっぱい食べれそうで魅力的です(笑

来年は、長男が入学する小学校の運動会としまなみがバッティング
しそうなので、北九州を目標にチビチビトレーニングしようかなぁ、、

追伸;会場までN氏が前輪なしの状態で移動している姿、今年一番
    うけました(笑

No title

>マロンパパさん
北九州お疲れさまでした。事故もパンクもなく完走できて満足です。本文中にも記しましたが、マロンさんの鬼牽きがなかったら足切やばかったですね。助かりました。
後半は右足のふくらはぎが重くて弱りました。たぶん信号スタートの連続で片方だけ疲労したのでしょう。まだ少し違和感が残っています。もう少し速いスタートが切れれば、余裕をもって走れたかもしれません。来年もエントリーするようなら、ちょっとした作戦が必要ですね。


>MaNaさん
今回のイベントは出走前の情報収集でミス。自転車の大渋滞と信号の多さには、閉口しました。とるべき作戦は早いスタート位置の確保だったと反省しております。交通量も山口とは比べものになりませんので、先行する自転車を抜かすのも一苦労。いやいや、すごく危険。
あおレンジャー氏も、いつも通りの走りができていたら足切りなんて気にする必要もなかったはず。ちょっと気の毒です。とは言え、スタッフの方々はどなたも素晴らしい動きをしていらっしゃいました。みんなで盛り上げようという気持ちがストレートに伝わって来るいい大会でした。


>Tさん
もしかしたらANOへ行けば直接本人に返せるかも、と期待したのですが(笑
あのホイール、中村氏はえらく気に入っていました。本気で持って帰りたいと言うくらいですから、よく組めているのでしょう。試しに、ちょっと履かせてもらえばよかったと後悔しております。
市街地、空港、昼飯食ってすぐの山、遠賀川―― 色々と楽しめた大会でした。仮にY氏が走れていたとしても、きっと彼も大暴走&ほぼ一人旅だったでしょう。お役目、ご苦労様でした。


>どんどんさん
第4エイドのぜんざいは絶品。五臓六腑に染み渡りました。
あそこでおやじぃ氏の到着を待っているとき、気になってハートのジャージも探していました。紙一重だったようですね。残念です。ものは考えようで、直進していたら落車や事故が起きていたかもしれません。ケガなく大会を終えられたのですから、よしと考えるしかないですね。
そうそう、その後のエイドですが、どこへいってもお祭状態で腹いっぱいになりました。うまかったです(笑


>しらいさん
おとなの、いたってワガママな遠足+運動会でした。いやあ、楽しかった(笑
山口のサイクリストは恵まれています。北九州を走ってよく分かりました。交通量、路面状態、信号機の設置数。どう考えてもこちらは自転車天国です。
たしかに北九州は走りにくいですが、走り終えるとこれまでにない爽快感がありました。たぶん、大会を成功させたいと頑張るスタッフさん達の動きや表情が、そう感じさせたのだと思います。いい大会でした。


>おやじぃさん
ネタ的には面白いのですが、ホントにおしかったですね。赤信号ひとつなければクリアできていた感じです。やはり関門橋の記念撮影が大きかったか。
おやじぃさんは、ときどき足が回らなくなるときがありますよね? そしてしばらくすると回復する――  思うのですが、飯を食ったら血がみんな腹へ行ってしまうのでは。今回手こずったのも飯を食ってからの登坂でしたよね。一度に大量に食ってはダメなのですよ、きっと(笑
来年はどんな卑劣な手をつかっても早いスタートを勝ち取りましょう。リベンジに協力します。


>ろくばんさん
当日は大あわてしましたが、後になってみると楽しい思い出です。中村氏の素敵な写真も撮れましたし。ぼくは大満足しております(笑
しかしですね。もしもあのとき、ろくばんさんが「うおおおっ」と忘れ物を思い出して飛び起きなかったら、ぼくは寝坊していたんじゃないかと思うのです。2度目の電話でやっと目が覚めましたし、T氏への連絡後もそれほど時間に余裕があったようには思いません。2日酔いで寝坊して前泊組の全員が走れなかった。このとんでもない大ポカを回避できたのですから、忘れ物万歳です。


>モカさん
ろくばんさんとも話をしたのですが、距離はともかく走行内容の強度だけを考えると、今回のようなイベントよりも1軍の参加するYBCMの方がきついです。特に先だっての角島。あの登坂と巡航速度を体験していたおかげで北九州も無事に走り終えることができたように思います。
さほど鍛錬をつまなくとも、今のモカさんならたいていのサイクルイベントは走りきれます。大事なことはふたつ。前の晩に飲み過ぎないこと、もうひとつはホイールを忘れないこと、です(笑


>ひでのすけさん
ほうほう、来年は北九州に照準をあわせられますか。運営が一生懸命で気持ちのいい大会でした。しまなみも捨てがたいのですが、北九州もなかなかです。自転車名人鶴見辰吾にも会えますし。
エイドは本当に充実していました。色々あって食べきれないくらい。何処かにも書きましたが、あとミネラルの配給とトイレを確保してくれれば文句なしです(市街地走行が多いのでトイレはコンビニでも借りられますが)。
中村氏、良い写真でしょ? 何度見返してもクスリと笑ってしまいます。


No title

お疲れ様です。
雨が降ることもなく楽しいサイクリングイベントだったようですね。
前輪を忘れるのは自分でもいつかやってしまいそうな忘れ物ですね。
今までサイクリングイベントをたくさん走ってきましたが、忘れたものはボトルとサングラスぐらいかなぁ。サイクリングシューズを1回忘れて途中で気が付いて取りに帰ったなんてこともあります。

お疲れ様でした

今回は色々とお世話になりました
途中で脚が攣ってしまったりとまだまだ修行が足りないなと思いました

しかし食べた量では誰にも負けていない自信があるので良しとします^^

この度は本当にありがとうございました
とても楽しかったです

No title

無事完走おめでとうございます.
前夜の飲み会からハプニングまで盛りだくさんで楽しそうです.
都会の信号の多い道を走る練習をしないといけませんね.

No title

>fuk@さん
ぼくがANOジャージを着るとたいてい雨降りになるのですが、今回は大丈夫でした。とは言え、朝のうちは怪しい空模様を見上げて自分の雨男ぶりを呪っておりました。ジンクスが発動しなくて本当によかった(笑
ろくばん氏だけでなく今回は忘れ物のお祭状態でした。本文には書いていませんが、ぼくはベルを、おやじぃ氏はボトルとライトとベルを忘れております。イベント参加で舞い上がっていたのでしょう。マロンさんも補給食の携行を忘れていますので、ノーミスだったのは若い中村氏ただ一人です。


>中村さん
えっ、脚を攣っていたの? まったく気が付きませんでした。
飯を食ってすぐの登坂や、猛烈な向かい風に悩まされた遠賀川、そうそう空港の手前でもそうだった。苦しくなってきたころ、見計らったように前へ出て牽いてくれたのは嬉しかった。おかげでギリギリだけど完走できました。ありがとう。
忘れ物の大将、いい先輩だね。代わりのホイールの目処がつくと分かったらサイコンのマグネットまでT氏へ依頼してた(笑 なかなか気がつかないと思うよ。
楽しい北九州でしたね。またオッサンと遊んでください。


>SOSYUさん
足切りもゴールもギリギリのへなちょこ完走ですが、腹いっぱい楽しめました。右も左もどちらを向いても自転車バカばかり。やはりイベントへの参加は普段のサイクリングと違う魅力がありますね。ただ、国東ほどの鯉のぼりを眺められなかったのはちょっと寂しかったです。
北九州を走るなら、ストップ&ゴーの対策は必須ですね。足元を見ないでスパッとクリートを嵌められないと、時間も体力も相当にロスします。山口は自転車に恵まれ過ぎていますから、信号ダッシュなんてあまり考えませんよね。
来年は走ってみませんか? 北九州にたくさんの鯉のぼりを泳がせましょう。


No title

のうくれ坊主です。
お疲れ様でした!
絵からも楽しさが伝わってきますね♪
前半のストップ&ゴーは結構、きますよね(汗)
「お接待」は言う事無し!ですよね!

No title

>のうくれ坊主さん
ケッコウしんどかったはずなのですが、なぜか辛いのを覚えていないのです。ひたすら面白かったことが思い出されます。きっと、いいイベントなのですよ。来年も走ってみたいと思います。
エイドの接待。ぶち良かったですよ。
プロフィール

オカヒロ

Author:オカヒロ
使い分けるのが面倒になってきたので、これからは本名でいこうと思う。調べてみたところ、非常に世帯数の少ない姓のようである。そのまま漢字で書いてしまうのもあれだから、カタカナにしておく。

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。