スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海鮮丼

2012年11月23日(土曜日)

 モカ氏から自転車遊びのお誘いがあった。しかし、当日はタッチの差で先約が入っていたので、賑やかしに走り出しを見に行くことにした。集合は秋穂荘下の駐車場に9時。空は雨模様。出走者は今のところ主催者のみ。
 写真は、自撮りをするモカ氏を後ろから撮るの絵。
2012112301


 久しぶりに自撮りを敢行するも、腕の衰えは隠せない。何度やっても左側に大きな空白が出来る。
2012112302


 そうこうしているうちに、もうひとりの参加者、ろくばん氏が到着。
2012112303


 ここでも自撮りを試みるが、やはり無駄な空白が大きい。こりゃ重症である。
2012112304


 雨も落ちていたので、僕はとっとと帰る。

 今日のメインは娘とのランチデート。当初は、1号、2号そして僕の3人で出かける予定だったが、残念なことに2号が体調を崩した。ここは延期とするのが大人の所作であるが、困ったことに僕も1号もワガママ大王。食いしん坊万歳である。躊躇することなく車を北へ走らせる。

 2号のリクエストで萩「がんこ庵」の蕎麦を食べる計画だったのだが、当の本人が欠けたので急遽変更。萩シーマートの中にある「維新亭」で海鮮丼をいただく。
 特選海鮮丼2千円。実にリーズナブルである。ウニが禁漁期間なのでイクラ多目の具沢山。
2012112305


 1号も同じものをペロリ。
2012112306


 いやあ、美味かった。お店は11時30分から。休日は混むので、少し早めに行って並んでおくのがよいと思う。

 そうそう、維新亭には海鮮以外にも何故か「カレー」もある。これもなかなかイケると評判。一度食してみねば。 



スポンサーサイト

ショッピング

2012年11月11日(日曜日)

 娘2号と下関のゆめシティへ買物に行ってきた。ANOサイクルの忘年会へ参加する娘1号とで差があってはいけまい、ということで急遽決まったデートである。
 まずは腹ごしらえ。店舗内にある川棚「たかせ」の支店で、瓦蕎麦とうなめしをいただく。食べ始めてから写真を思い出したので、こんな1枚になってしまった。久しぶりに喰った。相変らず美味かった。満足、まんぞく。
2012111101

 服を買っているときの写真はない。それどころではなかったのだ。次々と試着を重ねる2号に付き合い、複数のお店を渡り歩いた。疲れたけど、楽しかった。服を見るのは嫌いではない。
 写真は、買物が終わってカフェでひと休みの絵。ベージュと白の包みが彼女の収穫。大漁であろう。実に幸せそうな顔。僕の財布は軽くなったが、こんな表情をされたら文句は言えない。
2012111102

 夕方、今度は娘1号が母のためにお花を持って来てくれた。もうすぐ百箇日。
2012111103

 よい娘達に恵まれたものだなあと、しみじみ思う。

再始動

2012年11月03日(土曜日)

 久しぶりの自転車遊び。実に3ヶ月のブランクである。
 今日のところは、まず写真だけ。説明やコメントは追って。

 以下、簡単な説明等を追記。

 3ヶ月ぶりの自転車遊びは、地元の秋穂スタート。あいお荘下の駐車場に9時集合。引き籠もりジジイを社会復帰させるため、あえてここを選んでくれたらしい。ありがたいことだ。
 左から僕、カジ氏、BTおじさま、モカ氏。主催者のT氏と、ろくばん氏は画面右側でバイクの準備中。
2012110301


 カジ氏とBT氏。
 ホネ骨ジャージでこれみよがしに胸を張る男。彼はこんな人だったっけなあ。
2012110302


 相変わらず安定感抜群のモカ氏。ほどよく腹も育っている。そのラブリーな丸みを見ていると、幸せな気持ちになってくるから不思議だ。
2012110303


 出発前 モカ氏の写真を皆で撮る。そうそう、いつもこんな感じだった。忘れていたあんぽんたん魂がむくむく湧いてきて、自然とにやけてしまう。
2012110304


 秋穂の一週目。南部海岸道路(338号)を横切る少し前。この頃からハムとケツ、そして尻の擦れが気になり出す。必死にペダルを回すが、なんだか力が逃げているような感じ。
2012110305


 T氏の交差点から中道海岸へ向けて。前からT氏、ろくばん氏、カジ氏、BT氏、モカ氏。
2012110306


 写真を撮り終えたら追いつくつもりだったが、ジワジワ遅れだす。自転車ってこんなに疲れる乗り物だったかな。呼吸や心臓はまだ平気なのだが、脚が言うことをきかない
2012110307


 小峠まえの自販機でひと休み ほぼ全員が腕組み。
 サイクルジャージをまとうと人はなぜか腕組みをしてしまう。お仲間のブログにある僕の写真も、多くはこの腕組みポーズである。思うに、手のもって行き場がないのだ。レーパン又はビブにポケットを付けてはどうだろう。邪魔になって売れないか。
2012110308


 登坂は嫌いな方ではなかったのだが、3ヶ月のブランクは大きかった。まず踏めるギアが分からない。ダンシングもスカスカして無駄に疲れる。そして何より気持ちが続かない。頭の中で自問自答が始まる。何度、バイクから降りようと思ったことか。
 写真は小峠の頂上にて。前からT氏、BT氏、モカ氏。
2012110309


 小峠に登頂したら、素直に引き返すものだと思い込んでいた。いや、その一点を楽しみに苦痛と闘ったのだ。しかしなにゆえか、集団は奇声を発しながら山口方面へと下ってゆく。おそらく千切峠を経由して帰るのであろう、などと希望的観測で自らを納得させ続いていると、「小郡の某ホテルの前を通過するのは実に愉快だ」などとT氏から脳天気な発言が――  小郡を回ると確実に5キロは延びる。
 某工事現場でしばし談笑するが、体力の回復する気配は微塵もなし。
2012110310


 秋穂まであと数キロ。快調に飛ばす集団にまったくついて行けず、休憩をおねだりする。坂とか向かい風とか、そういった外的要因ではない。自らのケツとハムが悲鳴をあげていたのだ。
 とにかく甘い物。糖分が欲しいということで、迷わず「おしるこ」を飲み干す。このあとこっそりオロナミンCも摂取したことは秘密である。それほど疲労困憊していた。
 ブログ用にと数枚の自撮りを試みたが、どれもみな同じ表情であった。すでに顔を作ることさえおっくうな状態。とにかくしんどかった。
2012110311


 先だって京都で引いた凶のおみくじ。
「迷へる道をスサノヲミコトの御かげによりて開いていただくように一生懸命に御祈願なさい。捨てる神有れば拾う神有り」~という意味だそうだ。
 50を過ぎてなお、僕は迷っているらしい。いつか物好きな神様に拾ってもらえるのだろうか。いやいや、このまま灰になるまで迷宮を彷徨い続けるのも一興やもしれぬ。
2012102614

 引き籠もっている間にサイコンの使い方すら忘れていた。これには自分でも驚く。
 したがって今回は走行データなし。やれやれだ。

プロフィール

オカヒロ

Author:オカヒロ
使い分けるのが面倒になってきたので、これからは本名でいこうと思う。調べてみたところ、非常に世帯数の少ない姓のようである。そのまま漢字で書いてしまうのもあれだから、カタカナにしておく。

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。