スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年新年会

2012年01月28日(土曜日)

 はかた一番どり防府千日店にて19時より。 飲んだ飲んだ、ぶち飲んだ。
 時系列に沿って写真を並べておく。コメントは必要ないと思う。 いやあ、楽しかった。

2012012801

 新年会の主催者 yuya氏
2012012802

 BlueT氏(右端)は少し遅れて到着。スーツ姿がカッコよかった。
2012012803

2012012804

2012012805

2012012806

 一次会集合写真
 後列左から  おやじぃ氏 男爵氏 yuya氏 ろくばん氏 のうくれ坊主氏 BlueT氏
 前列 〃   笠原大将 赤潮 マロンパパ氏        ――あれ、立石氏が居ない?
2012012807

2012012808

 大将はお酒が入ると眠たくなる。
2012012809

2012012810

2012012811

 理由は本人にも分からないと思う。
2012012812

 ここから二次会
2012012813

 二次会集合写真 左から 赤潮 おやじぃ氏 ろくばん氏 笠原大将 立石氏 yuya氏
 やはり大将は寝ている。
2012012814

2012012815

2012012816

2012012817

2012012818

2012012819

2012012820

2012012821

 このとき、午前3時を少し回っていたように覚えている。
2012012822


Party is over

さて次はいつにしようかしら。 今から楽しみである。


スポンサーサイト

20120122秋穂をひとまわり

01/28新年会のご案内はこちら

01月22日(日曜日) 曇り/小雨  秋穂をひとまわりしてきた。

 はじめたことを途中でやめるのは、なかなかに難しい。
 努力と根性そして忍耐。これらを是として育てられた昭和のオッサンにとっては、なんでも最後まで頑張ることが当たりまえであり、それこそ正義なのである。血反吐にまみれながらも前進を続け、たとえ力尽きることあっても、倒れるときは前のめりであるべし。言い方は悪いが、玉砕を素直に受け入れ、美化すらしてしまう心的傾向をオッサンは持っている。
 たしかに優れた点はある。道なき荒野を開拓するには、ある種の盲目的な果敢さも要るだろう。しかし、この直線的な思考が過ぎると勇気も瞬く間に蛮勇と化してしまうから恐ろしい。周囲の状況を考えずにひとつのことに向かって猛烈な勢いで突き進む様。猪突猛進は多くの場合、後悔を生む。
 増水した川の中州に取り残されるキャンパー。雪のため車内で一夜を明かすドライバー。レスキュー隊の救助を待つ登山者。他山の石は至る所にごろごろしている。
 戦略的撤退という言い回しがある。これを我々オッサンは学ばなければならない。状況を長い目で観て、勝利するために一旦逃げる。とにもかくにも生き延びて、体制を立て直し次の機会をうかがうのである。

 左から ろくばん氏、中村氏、マロンパパ氏、MaNa氏、そして写真を撮るぼく。
 メールでの急な連絡にもかかわらず集まった猪ローディー達である。早朝の秋穂ランランドーム前にて。
2011012201

 今回プチサイクリングの発端となった御仁のバイクである。お気づきになるだろうか、光り輝くニュークランクに。
 機材を換装すればモチベーションは急上昇する。すぐにでも回してみたくなるのが人の業。
2011012202

 予定した出発時間を迎えるころから細かな雨が落ちはじめた。じきに路面も濡れるだろう。協議の結果、長距離はムリと判断して秋穂を時計回りに1周することに決定。中村氏は早く走りたくてウズウズ身悶えしていた。若さは何ものにも代え難い。

 スタートから徐々にペースを上げていくと、ちょうど身体が暖まった頃に訪れる例の登坂。スルーを主張する選手もおられたが、多数決では勝ち目なし。ダンシングを織り交ぜながらギリギリと上る。
 お約束のあいお荘で自撮りを1枚。マロンパパ氏はぼくの陰に入ってしまった。申し訳ない。
2011012203

 2週間ぶりのバイクで、もうひとつ調子の出ないろくばん氏。
 真っ直ぐ座って真っ直ぐ踏めているけど、肩の高さにほんの少しの左右差がある。後方を走りながら見たときには気づかなかったから、肩は写真の瞬間だけかもしれない。
2011012204

 写真を撮ると伝えたのに、ぐるぐる回すマロンパパ氏。ちょっと待ってよ。
2011012205

 MaNa氏もぐるぐる回す。速過ぎるっちゅーに。写真がブレたわ。
2011012206

 中村氏、この男に至っては何をか言わんや。写真を撮るから軽く流せと言うたろが(笑
2011012207


 当初は持世寺温泉または宇部空港へのサイクリングを予定していたが、天候不順のため「(琉神)Tです氏」考案のツールド秋穂20キロコースをひとまわりした。短距離ではあったが、事故や故障もなく走り終えることができた。目的を達成するために走る距離とルートを変更した今回は、「戦略的」というより「戦術的撤退」の辛勝といったところであろうか。
 雨降りにはリスクが増す。本来、こんな日は自重するべきとは思うが――

 なかなか大人になれないものである。



新年会のご案内

 先日ご案内した炭火焼新年会の詳細が決まりましたのでご連絡します。

 *** yuya氏から貴重な情報あり。今回の会場近くには一方通行があるようです。車で行かれる方、又はご家族に送迎を頼まれる方は十分気をつけましょう ***

日 時  2012年01月28日(土曜日)19時00分より
場 所  防府市千日2-5-18  はかた一番どり千日店 
会 費  4,500円(飲み放題)
参加者(確定順)
     ろくばん氏、 BlueT氏、 マロンパパ氏、 のうくれ坊主氏、 立石氏、 男爵氏、 笠原大将
     yuya氏、 おやじぃ氏、 赤潮 の総勢10名

 新橋と八王子交差点の中間あたりです。少し分かり難い場所ですが、なんとか自力でたどり着いて下さい。お店には駐車場もありますが、もちろん飲酒運転はご法度です。
 宿をとられるなら、アパホテル山口防府が比較的近いと思われますのでご参考に。

 では、当日はやりあげましょうぞ。


20120115きらら焼野

1/28 炭火焼新年会のご案内こちら
参加希望者は20日までにご連絡ください。


2012年01月15日(日曜日)ずーっと曇天

 小野田のきらら焼野まで走ってきた。先日、一旦告知はしたが都合により延期した北向き地蔵サイクリング。午前中に時間が空いたので、こいつのコースを確認しておく気になったのだ。

 大まかなルートは次のとおり。



 8時半ころ、支度を整えて出発。まずは周防大橋を渡り阿知須方面へ向かう。
2012011501

 道の駅きらら阿知須から216号を宇部カントリー倶楽部方面へ走り、セブンイレブンの交差点を左折。
2012011502

 野口の交差点を直進してすぐの信号の先を右折、川沿いを走る。お姫様松のある明栄寺を過ぎ、宇部有料道路をくぐる。
2012011503

 爺ちゃん婆ちゃんのデートスポット北向き地蔵への分岐をスルーし、あすとぴあを経由。
 ここには某毒キノコ氏がアップしたチャペルがある。悩んだが写真は撮らずに通過。
2012011504

 219号を少し北上し、一世を風靡したホテルヨーロッパ先の交差点を左折。
 その後は、山陽自動車道の高架をくぐりひたすら道なりに走る。
2012011505

 写真は山陽線宇部駅までもう少しの「沖の旦橋」。渡りきったところで左折し、厚東川に沿って南下する。
2012011506

 厚東川沿いの道。路面は良くないが、車が少ないので走りやすい。
 植えられているのは桜だろうか。春はさぞ綺麗であろう。
2012011507

 妻崎開作の交差点。今回のルートで唯一難儀な箇所だ。道が分かり難いうえ、やたらと車が多い。
2012011508

 上の写真の交差点を左折してしまえば、あとは快適な道が続く。
 354号線は路肩も広く、平坦。バンバン回せる。写真は山口東京理大を過ぎた西部石油製油所横の道である。広いし平坦だし車は少ない。快適この上なし。
2012011509

 そのまま354号を走ると、間もなく今日の目的地きらら焼野である。
2012011510

 一応、自撮りを決めておく。寒かったので表情に冴えなし。風景にも荒涼感が見え隠れ。
2012011511

 この日は駅伝をやっていた。高校生だろうか? みなさん本気の走り。
 邪魔にならないよう、しばらく間をおいて帰路につく。
2012011512

 往路をそのままなぞっても面白くないので、沖の旦橋を宇部駅方面へ左折。しばらく農道を走って串の交差点から215号に出る。山陽本線に沿うように厚東川を北上。
2012011513

 2号にあたる少し前で右折。山陽本線を渡り少し走ると、持世寺温泉上の湯(豆汰豆蔵)に着く。大好物の豆乳ソフトを食べておきたいところだが、朝から気温は上がらず汗もかいていない。腹が心配である。大事をとって今回はスルー。
2012011514

 持世寺温泉を過ぎると、本コース唯一の難所。ここから喜和交差点までケッコウな起伏が連続する。
 一枚だけ撮り、あとは必死の登坂。 
2012011515

 喜和の交差点を直進、宇部カントリー倶楽部の真ん中を走り秋穂へ向かう。
2012011516

 写真は宇部カンを過ぎた阿知須温泉の近く。左の白い建物が、僕のお世話になっている美容院アパートメントさん。なんとオッサンにも優しい個室美容院なのだ。右はケーキ屋モントロー。
2012011517

 家の近くのセブンで最近お気に入りの「味わい焼きさば御飯」を買って、今日のサイクリングは終了。
2012011518

 走行距離 76.03㎞
 走行時間 2:59
 平均速度 25.4㎞/h
 最高速度 51.5㎞/h

2012新年会のご案内

 おやじぃ氏と語らう炭火焼新年会(ご案内)

 厳冬のみぎり、みなさまにおかれましてはご健勝にてご活躍のことと存じます。
 さて、急なお誘いで誠に心苦しいのですが、下記要領にて新年会を行い、自転車を愛する者同士で親しく歓談する機会を得たいと存じます。ご多用中恐縮ではございますが、多数ご参加賜りますようご案内申し上げます。
 なお、準備の都合がありますので、ご出席いただける方は20日までにお知らせください。

日 時  平成24年1月28日(土曜日) 19:00ころより
場 所  防府市内 ただいまyuya氏が会場(焼き鳥又は炭火焼屋)をリサーチしております
会 費  3~4千円程度を想定
主催者  yuya氏
幹 事  おやじぃ氏、赤潮

その他  日中にサイクリングを併せるのも一興と思いますが、現幹事では対応しきれません。
     どなたか汗をかいていただける方がいらっしゃいましたら調整役をお任せします。


現時点での参加予定者
     ろくばん氏、BlueT氏、マロンパパ氏、のうくれ坊主氏、立石氏(確認中)
     男爵氏、yuya氏、おやじぃ氏、赤潮


 以上、よろしくお願いします。


20110109チーム湯田温泉

2012年 1月09日(月曜日)曇天 

 久しぶりにチーム湯田温泉で走ってきた。
 前日のことだ。たい焼きサイクリング(詳細は1月08日の記事を参照)の参加者を見送った僕は、午後からの用事を済ませ、ちょっと早めの晩酌を始めていた。よい気持ちになりながらPCのメールをチェックしていると、笠原大将からの連絡が目に入った。その内容は、「明日(1月09日)は秋吉台まで走る」というものだった。
 見送りのため走った徳地までの往復は約70キロ。脚には心地よい疲労感が沈殿しているが、頭のすみっこにモヤモヤしたものがあった。たぶん、十分に遊びきれていないのだ。チャンス到来である。不完全燃焼は解消するし、チーム湯田温泉の皆さまと新年のご挨拶もできるではないか。

 待ち合わせは、いつもの維新百年記念公園。プラネタリウム前を10時に出発。
 参加者は右から笠原大将、立石氏、おやじぃ氏(そろそろ走りたい頃ではないかと声をかけてみた)、そして僕の4名。目的地は、自ら言い出しておいて何故かぐずる大将をなだめすかして秋吉台方面とした。
2012010901

 いつものチーム湯田温泉であれば小郡を経由するのだが、寒いので早く身体を暖めたい。それに峠を越えれば距離もぐっと短縮できる。などと、ワケの分からない理屈をこねくり回して、山を蛇蝎のごとく嫌うKTコンビを納得させた。まずは、吉敷の大峠を越えてみとう道の駅を目指す。
 今回は旧道を使った。最初のうちこそブツブツ文句を言っていたKTコンビも、この日はなかなかよいペースで上ってゆく。写真の通り、立石氏なんておやじぃ氏とおしゃべりしながら回せちゃう余裕っぷり。
2012010902

 要所要所でヒーヒー泣きを入れながら、それでも淡々と上ってゆくのが大将のスタイル。
 なぜか途中で変なスイッチが入ったらしく、突然の猛ダッシュを敢行。みるみる視界から消えて行ったのには驚かされた。
2012010903

 逃げまくる大将を確保して旧道の頂上付近でひと休み。
 たしかに身体は暖まった。でも、脚は終わった。
2012010904

 みとう道の駅に着くと、さっそく食堂に陣取ってぐだぐだ。あっという間に尻から根が生える。
 僕は「ごぼう天そば」と「お稲荷さん」をいただいた。美味かったなあ。

 小一時間もしたところで、はたと気がついた。このゆるい感じがなんとも気持ちいいのだ。
 ――そうだ思い出したぞ。これこそが僕本来のスタンスだったじゃないか。目を三角にしてペダルを回しているのは、僕の中のハイド氏だ。うむ、そうに違いない。
2012010905

 長い食事休憩を終え、もう帰りたいとぐずる大将を再びなだめすかして秋吉台方面へ向かう。

 どMの血が騒ぐのであろう、写真は例の激坂に挑むおやじぃ氏。しかし、チーム湯田温泉の選択肢に「あの坂」はない。撮影のため途中まで付き合ったが、大人の判断で撤退を勧告。
 僕は膝を壊したくないのだよ。もう少し暖かくなったら付き合うから、それまで我慢してくれおやじぃ。
2012010906

 のんびり走ってもバイクは楽しい。
 景色を眺めたり、おしゃべりをしたり。そのために積極的に歩道を走るのも、たまには「あり」だと思う。
 写真は、自分の背中越しに全員を撮れないかとチャレンジしてみた1枚である。結局、自分どころか大将を除いた2人しか収められなかった。残念無念。
2012010907

 帰路は二本木峠を越えて小郡、山口へと向かう。

 必要十分な補給は済ませていたが、このままサイクリングを終えてしまうのはもったいない。もう少し遊んでいたい。そう考えて、立ち寄り先を探していたら「須恵の郷」を思い出した。山口物流センター内にあるパン屋さん。店舗は急な坂の上だが、目の前にニンジンがぶら下がっているのでペダルも軽い。
 テラスで美味いパンをいただいた。この日は機械に不調があったようで、無料のコーヒーはお預け。
 真剣な表情でパンを撮るおやじぃ氏。ブロガーの鑑である。
2012010908

 大まかなルートは次の通り。



 事故、落車、パンクもなし。食べ過ぎてお腹いっぱい。いいサイクリングだった。


 走行距離 54.3㎞
 走行時間 2:33
 最高速度 53.2㎞/h
 平均速度 21.2㎞/h



北向き地蔵ポタ

 まことに申し訳ありません。
 下記の告知は、わたくし赤潮の日程調整ミスのため2月以降に延期させていただくこととなりました。計画が整い次第あらためて連絡させていただきますので、そのおりには宜しくお願いします。


サイクリングのお誘いです。

2012年1月14日(土曜日)豆乳アイス&北向き地蔵サイクリングを実施します。

集合場所 秋穂ランランドーム
出走時間 09時00分出発
目的地  宇部市持世寺温泉豆汰豆蔵さん、北向き地蔵様
今回幹事 モカ氏&赤潮

走行ルートは下記の通りです。サクっと走って午後には散開の予定。



もしも、一緒に走ってみようという御仁がおられたら、連絡お願いします。宇部はいいですよ。なんと言っても路が綺麗です。


見送りサイクリング

2012年01月08日(日曜日) サイクリングの見送りサイクリングに行ってきた。

 集合時間は9時半、場所はいつもの徳地ローソン。
 写真は今回のサイクリングに参加された皆さん。左からコースを設定したろくばん氏、僕と同じく見送りにだけ参加したのうくれ坊主氏、マロンパパ氏、MaNa氏。
2012010801

 日曜日に休めることになったMaNa氏と相談して、サイクリングが決定。急だったので今回はブログで告知する間もなかった。本日、連れを探していた人もおられたかもしれない。連絡できなくて申し訳ない。

 8時過ぎに防府市台道ローソンで待ち合わせをし、MaNa氏と2人で佐波川を遡上する。
2012010802

 気温は低いが、空は真っ青。絶好のサイクリング日和である。
 所用で僕は午前中しか時間が作れない。残念ではあるが、今回はお見送りをしに集合場所まで走ることにした。
2012010803

 集合場所は徳地ローソンである。しかし、徳地在住にもかかわらず、わざわざ車載で防府市本橋駐車場まで南下してくれた男がいる。ろくばん氏ありがとう。おかげで楽しく走れたよ。 
 去年はジャージがピチピチだったのになあ。ずいぶん締まってきている。
2012010804

 徳地へむけて走る。3人でローテーションの真似事をしてみるが、なかなかに難しい。たぶん、交代のペースを決めて機械的に回してゆくのが正解なのであろう。すこし練習してみたい。
 視線が下がっているろくばん氏。正月にモチを食べ過ぎたか?
2012010805

 予定通り9時半にローソン到着。
 マロンパパ氏とのうくれ坊主氏は既に到着して日向ぼっこ中。
2012010806

 新年の挨拶と軽いおしゃべりのあと、のうくれ氏と僕は皆さんの出発を見送る。

 帰りはのうくれ氏と2人で佐波川を南下。残念ではあるが仕方がない。今日のサイクリングの目的はたい焼きだそうだ。みごと腹におさめたであろう3人のブログのアップを、指を咥えて待つことにしよう。


 走行距離 70.3㎞
 走行時間 2:36
 最高速度 38.5㎞/h
 平均速度 26.9㎞/h



20120101走り初め

2012年 元旦 走り初めを決行した。 

 曇天&路面は軽いウエットと、コンディションはもうひとつであったが、サイクリング自体は十分に楽しめた。満足感というか達成感というか、なんとも言葉にし難い感覚が腹の底からフツフツと湧いてきて、いつも以上のハイテンションになってしまった。

 下は秋穂正八幡宮を背にした集合写真である。
 奥様と娘さんを連れて初詣にいらしていた紳士殿に、少々ご無理を言って写真を撮っていただいた。この紳士殿なかなかノリのよいお方で、立ち位置までアドバイスしてくださった。たしかに上手く撮れている。若干写りが悪いのは、たぶんレンズが曇っていた為であろう。 
 左より ひでのすけ氏、赤潮、MaNa氏、順ちゃん。
2012010101

 このブログで告知はしたが、他に元旦から走る酔狂人は居るまいと思っていた。天気はもうひとつ、でも、ひでのすけ氏から中止の連絡はない。腹を決めてボチボチ支度をはじめようと考えていたところに、MaNa氏からメールが入った。なんと、一緒に走ってくれるとのこと。
 待ち合わせは、秋穂人の台所トークへ9時半。
2012010102

 これをやっておかないとANOのミっちゃんに怒られるので、自撮りを一枚。
2012010103

 ひでのすけ氏との待ち合わせは、阿知須道の駅に10時00分。NaNa氏とお喋りしながら向かっていると、一台のバイクに抜かされた。見覚えのある赤いジャージがどえらいスピードですっ飛んで行く。る氏だった。彼の後姿に力みはなく、流している雰囲気。必死に追ってみたが距離は詰まらなかった。
 道の駅に着くと、ひでのすけ氏、る氏のほかに順ちゃんも来てくれていた。
2012010104

 る氏は単独で練習するらしいので、我々は予定通り秋穂正八幡宮を目指すことにした。
 お約束の順ちゃん列車に乗せてもらう。速いし楽チンである。
2012010105

 秋穂正八幡宮には亀(玄武?)の石像がある。ケガや病に効能があると聞くので、お賽銭をお尻に供えておいた。
2012010106

 ひでのすけ氏は腰に不安があるらしい。
2012010107

 元ピチピチギャルのお2人も、色々と不安がおありのよう。
2012010108

 秋穂八十八ヶ所の一番札所である。バイクで廻ってみるのもよいかもしれない。
2012010109

 せっかくだから全員で鐘をついておいた。煩悩は――
2012010110


 山口へ回ってくれるというので秋穂から先は順ちゃんに頼み、MaNa氏と僕は途中離脱した。
 ひでのすけ氏が千切峠でどれくらい尻を叩かれたかは、分からない。

 いい走り初めだった。来年もやろうかな。

20120101

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

20120101
プロフィール

オカヒロ

Author:オカヒロ
使い分けるのが面倒になってきたので、これからは本名でいこうと思う。調べてみたところ、非常に世帯数の少ない姓のようである。そのまま漢字で書いてしまうのもあれだから、カタカナにしておく。

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。