スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年会

2015年01月29日

 この土曜日は、お仲間との新年会である。場所は湯田温泉の波柄(なみがら)さん。初めてのお店であるが、実は去年のアノサイクル忘年会の前にちょっと偵察してみようかと考えていた。結局は暖簾をくぐることはしなかったのだが、その際のメモが残っていたのでアップしておこうと思う。
 以下である。一次会前の燃料補給は、ダメな紳士のたしなみだと僕は信じている。

ゼロ次会
 少し早いが18時に宿を出た。軽く一杯ひっかけて忘年会に出向くつもりだったのだ。昼日中はすすけた湯田の街なみが、夜のとばりで艶を増してゆく。この季節にしては暖かい。どこからか炭火の匂いがする。
 スミスハイヤーの角をまがると、とたんに人通りがまばらになる。目当ては、美味い魚を食わせると聞く居酒屋波柄(なみがら)だった。ぽつりぽつりと灯る看板を目で追う。二区画ほど過ぎたあたりに店はあった。構えは想像していたより大きい。連れを待っているのであろうか、外で立ち話をする人達もいる。繁盛しているようだ。さてどうしたものかと、迷ったが引き返す。ひとりで飲むには、にぎやかな店は寂しい。
 一区画もどって、「六角」の戸を引いた。なんどか立ち寄ったことのある店だ。予約で満席だが、「お客が着く時間まででよければ」と店主は言う。その言葉に甘えさせてもらい、腰をおろす。
 先客がひとり、カウンターの隅で冷やをやっていた。白髪をオールバックに撫でつけている。赤銅色の顔に深いしわ。男の背筋はすっと伸びていた。
「むうう、実に美味い。こうして飲めば、日本酒を守ってやれるのだ」 誰にともなく、男が言った。
 岩国の純米酒「雁木」の冷やと、刺身の盛り合わせが運ばれてきた。わずかに辛口な酒をふくむと、つぼみがほころぶように米の甘さがひろがってゆく。ひかえめな華やかさで実に美味い。
 白髪の男とぽつりぽつりと言葉を交わしながら、三十分ほども居ただろうか。店主がすまなそうな顔で目配せをしてきた。そろそろ席を立つ頃合いのようだ。
 10人も入れば満席になってしまう小さな店だが、味がある。この「六角」は宴会の前に立ち寄りたくなるのだ。白髪の男へ軽く頭を下げて、僕は店を出た。さて、今夜のミッチャンはどのような挨拶をするのだろうか。頬がゆるんだ。


追 伸
 新年会の前に秋吉台で修行する話があるそうな。興味はあるが、休めそうにない。そして、おそらく荒天。
 もしも強行される御仁がおいででしたら、風邪などひかれませぬよう。


スポンサーサイト

旬彩鈴吉

2014年08月29日(金曜日)

 飲みにでかけた。河岸は、湯田温泉の旬彩鈴吉(しゅんさいすずよし)さん。防長苑の近くに店を構える小料理屋さんである。ずっと気になっていたのだが、これまでなかなか機会に恵まれなかったお店だ。やっと脚を運ぶことができた。
 天気はもう一つ。19時少し前に、いつもの明子さんと暖簾をくぐる。
2014082901

 つき出しはサトイモの鶏そぼろ餡かけ。とりあえずのビールをひと口飲んで、箸をつけようとすると、すぐに肉じゃがも出てきた。どちらのお料理も上品な薄味。素材の味が口のなかに広がる。
2014082902

 この日のお料理は、おまかせのコースにした。大将は小郡の入道で修業を積んだ方らしい。何を頂けるか楽しみだ。
 写真は一人前のお刺身。魚は、ブリ、鯨、鯖、タコ、サーモンなどなど。
2014082903

 ハモしゃぶ。付け合せはミズ菜、お豆腐、マツタケ。
 これまでハモを食って美味いと思ったことは一度もないのだが、ここ鈴吉のハモは本当に美味かった。よほど上手に骨切りをしているのだろう、小骨がまったく歯にあたらない。さっと出汁にくぐらせるとフワフワの食感。
2014082904

 こんな感じだ。あまりの美味さに、食うことに集中してしまう。
2014082908

 このソテーも美味かった。手前の白い団子状のものはマヨネーズ。
2014082905

 肉は牛タンとロース。
2014082906

 先ほどのハモしゃぶの出汁をそのまま使った雑炊。
2014082907

 お酒は東洋美人と、八海山をいただいた。

 美味かった。これで長生きできそうだ。冬にまた魚を食いに来よう。
 写真を撮り忘れているが、鮎の塩焼きやデザートにスイカ、あともう一品か二品あったような気もする。
 
 小さなお店だが、繁盛している。のぞいてみるなら、予約をおすすめする。


小野湖サルワーレ

2012年12月09日(日曜日)

 今日は娘2号とランチデート。以前、体調を崩して萩シーマート維新亭の海鮮丼を食べられなかった2号。あのときのリベンジなのだそうだ。彼女も僕に似て、食に対する情熱が半端ではない。
 選んだお店は、小野湖畔のサルワーレ。11時の開店と同時に到着したが、既に先客あり。その上、テーブルのいくつかには「予約席」の表示が――
2012120901

 一番奥の席に陣取る。
 写真中央は、この寒空の下でも野外で食べたい人用の「貸し出し防寒具」。2号の腰に巻いてあるのは、貸し出しひざ掛け。エアコンをガンガン回せば問題ないはずなのだが、極力ストーブだけで済まそうという考えらしい。まあ、その方が雰囲気はある。
2012120902

 オーダーしたピザは一押しの生野菜とスモーク牛タン。まずはこいつを2人でペロリといただく。
2012120903

 続いてパスタを2種類(トマト系とぺペロンチーノ系)。
 食うのに夢中で、写真を撮り忘れた。気付いたときは後の祭り。満足まんぞく、腹いっぱいの図。
2012120904

 自転車のブログなのだが、ここのところ食い物の話ばかり。
 腹が、育ってきた。

 むうう、なんとかせねば。

小野湖畔サルワーレ

 小野湖畔のサルワーレに行ってきた。ピザやパスタの美味いお店だ。ベーコンやソーセージもいける。

 サルワーレは、小野湖でトレーニングをするジュン君に紹介したことがある。前回のポタリングの際に「食べ過ぎ氏」ともお店の話をし、ブログの記事に頂いたBT氏のコメントへの返信でも少し触れた。
 まあ、早い話がお店の味を思い出して我慢できなくなったのだ。

 お店の外観はこんな感じ。
2011090401

 もちろん店内でも食事できるが、外にもテーブルが準備してある。今日は外でいただく。
 眼下に小野湖がひろがる。
2011090402

 たのんだのは、「ゴルゴンゾーラとトマトソースのパスタ」、
2011090403

 そして、お目当ての「野菜とスモークタンのピザ」。こいつは、ため息が出るくらい美味い。
2011090404

 お腹いっぱいである。まんぞくまんぞく。

 さあ、明日からまた頑張ろう。


20110821豆腐工房

2011年08月21日(日曜日)午後

 持世寺温泉上の湯をご存知だろうか。
 山口県宇部市吉見持世寺2925番地にある公衆浴場である。露天風呂、家族温泉、サウナ等を備えており、手ごろな料金で楽しめる施設だ。その昔、傷を負った武士の治療に使われたという名湯。
 今日、紹介するのは、この持世寺温泉の敷地内にある豆腐工房「豆汰豆蔵」さん。ここのところ、ほぼ毎週のように買い求めに行っている。癖になっている。ここの豆腐は豆の味がしっかりして美味いのだ。
 お店の外観はこんな感じ。
201108210201

201108210202

 扱っているのは豆腐と豆乳、油揚げなどだ。あと豆乳ソフトクリームもある。
 今日は、お目当ての絹ごし豆腐が売り切れていた。残念。
201108210203

 値は張るけれど、それが許せる美味さである。何度か食べているうちに豆腐の邪魔をしない美味い醤油も欲しくなった。そこで今日は柳井佐川醤油さんの甘露を買ってみた。これはこれで美味かったが、もっと素敵な醤油がありそうにも思う。もしも美味い醤油をご存知の方がおられたら、ぜひ教えて頂きたい。
 絹ごしも美味いが、木綿豆腐も美味い。豆の旨みが口の中に甘く広がる。
201108210204

 阿知須きらら道の駅から片道10キロほどの距離。小さなアップダウンがあって走るには面白いコースであろう。ただ、ロードバイクで豆腐を買って帰るのは少々無理か――

 寒くなる前に豆乳ソフトを試しに行ってみようと思う。



プロフィール

オカヒロ

Author:オカヒロ
使い分けるのが面倒になってきたので、これからは本名でいこうと思う。調べてみたところ、非常に世帯数の少ない姓のようである。そのまま漢字で書いてしまうのもあれだから、カタカナにしておく。

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。